スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつぜん@ミシュラン店シリーズ、今回はとんかつ屋さん

2012-05-16 | 15:19

とんかつ屋さんといえば、二十代の頃、友人から美味いという評判の店を聞いて行ったことがある。
ちょっと遠くて、ドライブがてら着いた時には随分来たなあ、というロケーションだった。
到着した店は小料理屋風というか、油臭い感じがまるでなく綺麗綺麗している。
給仕をしてくれる奥さんと思われる方も、和服なんかを召して品の良い印象。
そして大ぶりのとんかつが出てきて驚いた。
衣に清潔感があったのだ。
そして大きい。
食べてみると感触が驚くほど軽いのに、中の肉は旨みたっぷりだった。
確かに美味しい。
遠いけど、このお店は通うだろう、と予感しその通りになった。

とんかつに関しては同じ時期にもう一つ印象的なお店と出会った。
こっちも友達に聞いた店なのだが、こちらは着いた途端に帰りたくなった。
当たり外れは人生の機微だと思っても、古びた建物で、なんとも汚い印象なのだ。
店内に入るも暗く油ぎった感じでヨロシクナイ。
カツ丼(こちらはとんかくでなくカツ丼)が出てきてまたビックリ。
衣からして随分色が濃く、油自体が良くないのでは、という疑惑を持った。
味も独特だった。
最初の一口を食べた時は、全部食べきれるかなあと思ったものの、気付くと完食していた。
さらに不思議なことにしばらくすると食べたくなるのだ。
結局、随分通った。
最初の店が遠かったこともあり、結局コッチの方を食べることが多かったかもしれない。
今でもたまに懐かしくなる。
食事というのは不思議なものだと思う。

正直、このお店には上記二店舗ほどの驚きはなかった。
モチロン非常に美味しい。
さらに言うなら上記二店舗と、今現在食べ比べたらこのお店の圧勝だろうと思う。
一流のとんかつ店であることは間違いなのだが、なぜ衝撃がなかったかと言うと、普段から外食するしかなかった当時と、妻の手料理をいつも食べられる現在。外食するならかなり奢れるという境遇の違いだろう。
結局、受ける印象とは、つねに違いを感じる処から生まれるのだろうな。
とんかつに関しては、それが埋もれる環境に今はあるのかもしれない。
スポンサーサイト

Theme : 美味しかった♪
Genre : グルメ

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。