スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日決勝スペイン国王杯@バスク~なぜ彼らは掟を貫くのか~に見る美意識

2012-05-25 | 23:19

バスク地方と聞いて貴方は何を思い浮かべるだろうか?
アートの好きな方ならゲルニカ、サッカーが好きならアスレティック・ビルバオだろうか?
バスク純潔主義を貫くビルバオに日本人のファンは多くないだろうが、今年はビエルサが入団したので、注目しているサッカー好きは少なくないはずだ。

WOWOWで先日放映されたノンフィクションWでは、そのアスレティック・ビルバオを軸に、バスク地方の歴史的背景から、現在に至るまでの事情が手際よく解説されていた。
この番組、良い気分で観られるのは、民放地上派というとスポーツ番組にもしゃしゃり出てくるお笑いタレントが出てないこと。
取材対象に対しては、常に一定の敬意が払われ、観る者には感動の押し売りをしてこない。
そういう良識があることだ。

遥かに資本があるはずの民放地上波で、こういう番組が出来るか、と言えば出来るだろう。
良い番組だが、圧倒的な知性とか、卓越したセンスが光るというレベルでもないからだ。
この回でももうちょっと、ビエルサの練習風景、詳しい戦術の解説が欲しかった。
ただ民放地上波でこの手の番組が造られることはない。
何故なら普通の国民はゲルニカにもビルバオにもビエルサの戦術にも関心がないからだ。
バスク、ゲルニカ、ビルバオ、ビエルサで、世界に売れるレベルの番組を造り得たとしても、視聴率は取れないだろう。
考えればWOWOWの主力商品にもなりえない。
でも映画やスポーツ中継の合間に挟む、ニッチ商品としては悪くなく、品のある造りを観ていると、民放地上波のワイドショーやらバレエティ番組がいかに(美意識的に)毒されているか再認識することになる。

という訳で、明日の早朝、スペイン国王杯決勝である、と話はつながる。
注目はビエルサの取ってくるフォーメーションで、個人的にかなり期待している。
エル・ロコは偉業を成すのか、グラウディオラの花道が、最後の最後で飾られるのか?
もう観るんならこういう番組だよね。
あつかましい人間のバカ騒ぎは沢山。
美意識的として。

スポンサーサイト

Theme : 欧州サッカー全般
Genre : スポーツ

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【明日決勝スペイン国王杯@バスク~なぜ彼らは掟を貫くのか~に見る美意識】

バスク地方と聞いて貴方は何を思い浮かべるだろうか?アートの好きな方ならゲルニカ、サッカーが好きならアスレティック・ビルバオだろうか?バスク純潔主義を貫くビルバオに日本人のファンは多くないだろうが、今年はビエルサが入団したので、注目しているサッカー好きは...

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。