スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルメール真珠の耳飾りの少女@見に行く前に言っておく!あ・・・ありのまま今朝起こった事を話すぜ

2012-07-15 | 16:16

9:30開場だと言うから、9:05には上野駅から東京都美術館に向かったら、遥か手前に人がたくさん並んでいた。
開場前に並ぶ人間がいることは予想していたが、こんな場所まで列が来てるなんてありえないと思ったら、フェルメール展狙いの人々だった。
列の最後尾について、どの位並びますか、と係の人に聞いたら、10-15分位だと言う。
開場時間は9:30でしょう、と言ったら、もう今、開けました、と言われた。
9時の繰り上げ開場をやっているようで、現実に対応している都職員乙だったが、これはマウリッツハイス美術館展、普通にゆっくり見ていったら、真珠の耳飾りの少女の前は大混雑だろう、と予想した。
延々列を並び続けやっと開場入りしたので、普段なら必ず使う音声案内も無視して、ひたすら真珠の耳飾りの少女の前に向かう。
列には並んだけど、口開け一番の入りだし、多少は混雑していても、これなら大丈夫だろう、と思ったら、なんと真珠の耳飾りの少女の前は蛇行する列に区切られ、もう並んでいる人でイッパイだった。・・・何を言っているのか分からねーと思うが、俺も何をされているのかわからなかった・・・

結論
1)日本人はフェルメールが大好きであって、アート、というか芸事は結局、winner-take-allであって、フェルメールの真珠の耳飾りの少女は、スーパースターなのだ。
よって、見に行くならムチャクチャ混んでいることを覚悟しないとならない。
2)日本の二次元文化は少女趣味とか色々言われるけど、今回来ているレンブラントやら、ルーベンス、ヴァン・ダイクとか素晴らしい技量である。
それでもそんな絵の前に、ちっとも人がいないのは、オジサンを描いているからだよね。
描くなら美少女。
古今東西を問わず、それが真実かも。

ミュージアム・ショップではTシャツ1枚とクリアファイル3枚と図録を購入。
企画展ではTシャツを買え、と何度も書きましたが、クリアファイルもイイです。
持って歩いて綺麗であって、感性とインテリジェンスをアピール出来る。
ウチにあるクリアファイルは萌え系アニメキャラとアート関連で、他人の目に触れないとこはアニメキャラ系、よそに出す時はアート系を使用してます。

仕事上、大事なファイルは、和ちゃんとか、マリ@エヴァとかしっかりしていたり、ファイト満々のキャラのを使うと縁起がイイ感じ。
だから律ちゃんのファイルとかは買わない。
いい加減になりそうだからね。
こんなことにこだわっていて、感性もインテリジェンスもないものだけれど・・・

10時過ぎに会場を出たら、炎天下、外に並んでいる列は伸びに伸びて、もう最後尾はどこなんだか・・・
催眠術とか超スピードとかそんなチャチなものじゃ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ。
俺は公園Caféでビール飲んだけどね。
スポンサーサイト

Theme : アートイベント
Genre : 学問・文化・芸術

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。