スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙!激闘サッカー日本女子代表、ロンドン五輪準決勝@これこそがSPORTS

2012-08-07 | 23:21

最後は長い長い15分間でした。
私は翌朝、録画で観たのですが、録画でつくづくと良かったです。
ライブで観た方はお疲れ様です(笑
こんな終盤の後では、興奮で眠れなかったのではないでしょうか?

ロンドン五輪、サッカー準決勝、日本女子代表チームは勝ちました。
相手のフランス代表チームは、強く、速く、巧い、非常に良いチームでしたが、勝利を握り、決勝へと進出したのは日本代表。
その勝利は、全員のひたすらな献身と、想像を絶する練習で培われたであろうスタミナと、技術と、なにより不屈の魂の存在を感じさせる勝利への意思でつかみ獲られたものでした。
宮間のフリーキックは、精妙の極みであり、福元のセービングは守護神という言葉そのもの。
あくまで走る沢は、リーダーシップという言葉の具現者でした。

それは聖地、ウェンブリー・スタジアムにふさわしい一戦でした。
これほど美しい試合は、類稀なるモノだろうと感じさせられた証左は、両チームに与えられたイエローカードが、実にフランスに1枚だけ、という事実です。

ただ勝てばよいという風潮に一石を投じた、どこまでもお互いにフェアなプレーは清々しく、観る人を感動させるものなのだ、という認識を、世界に知らしめる一戦でもありました。

さあ、次は決勝。
FINALに刻まれるドラマは如何なるモノなのか。
私はそこにスポーツがこの世界にあるという意義を、しっかりと見届けられるだろうと、予感しています。
スポンサーサイト

Theme : サッカー日本代表
Genre : スポーツ

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。