スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクスター/ケイマン最強メンテナンス ベストカー編@参考になったポルシェの紹介本

2012-08-14 | 15:22

敬意は抱けても、自分で欲しいとは思わなかったクルマがポルシェでした。
スポーツカーなら2人乗り。
フロントはあくまで尖がっていて、ボディは派手やかな曲線に満ち、芸術的なオブジェみたいなクルマが好きでね。
911もボクスターもどうも違う。
そもそもポルシェは、クルマがホントウに好きで、長時間、長距離乗る人のクルマってイメージ。
私は昔からちょこっと、気分転換に乗れれば良いんで、そうなるとやっぱり目標はフェラーリになってしまって、今回もあんまり知らないまま購入となったのですが、乗ってみると、お散歩&手軽なスポーツドライブにはちょうど良くて非常に快適です。

そうなるとボクスターをあまりに知らないのは如何なモノか?と思いだし、そもそも自分のクルマについて書いてあるモノを読むのは楽しいだろうなあ、という感じもして、少しは参考にしようと手に取ったのがこの本です。

読んでみると、インターミディエートシャフトとはどんなモノなのか?とか、高性能を追及し続けたポルシェのエンジンは、何故に長らくツインカム化されなかったのか、とか、なんでポルシェと言えばオイル漏れとなるのか、なんてことが良く解説してありました。

あえてアルミ製モノブロックを使うブレーキ素材やらコーナーウエイトのことなど、徹底する処は徹底する
ポルシェというメーカーの矜持というか、こだわりも良く分かりました。

ちなみに「最強メンテナンス」と書いてありますが、普通の方がポルシェを自分で整備するのは難しいって分かってますよね。
今は診断の最初の一歩がコンピューターですから。
この本を読んでも当然無理なんですが、ボクスターはこういう具合に出来ている、造ってあるクルマですよというポリシーやら、ライトチューン時に注意した方が良いこと、などの情報は参考になり、まずは私には充分な1冊でした。

スポンサーサイト

Theme : ポルシェ
Genre : 車・バイク

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。