スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女リリカルなのはMovie 1stA’s@魅力溢れる主演がいるのは萌えアニメ映画

2012-08-23 | 21:42

映画館まで行って映画を観ても、生半可な作品だと、どうもイマイチ感がぬぐえない。
作品自体がツマラナイというのではないんだけど、わざわざ出かけて来たほどじゃなかったなあ、と思うことが多い。
今ではそれほど時差もなく大画面テレビで観られるし、HDD録画は今のシーンをもう一度とかね。
途中退屈なら、本を読みだすことも出来るし、用事を片付けながら、食事をしながら観ることも出来る。
映画には襟を正してまで観たいと思う傑作があるのは事実だが、ほとんどの作品はそれほどのレベルにはないのが現実だ。
では実際に観に行って良かった映画は何か、というとエヴァンゲリオン新劇場版、涼宮ハルヒの消失、けいおん、等々、萌えの入ったアニメ映画には外れがない。
やっぱりキャラクターに魅力があると、わざわざ観に行った手間も報われるという感じで、今や私の場合、満足させてくれる主演女優は綾波レイに長門有希、中野梓という存在なんだよな。

さてこのDVD。
先日公開されたMOVIE2への予習と思って購入したのだけれど、結構、ローテーションして楽しんでいる。
この作品でも田村ゆかりの声の魅力は大きく、特装版のオマケDVDでも、田村さんの勇気溢れるツインテール姿には驚きとともにプロの矜持を感じている。
ああ、早くまどかマギカやエヴァンゲリオンQが観たいな。
それまではあえて行くほどの映画も見当たらないのが寂しい。

そこで思いついたのだけれど、昨今は映画館の一部をコンサート中継やら会議にまで使う例が出てきているらしいから、毎週毎週シネコンの一つは、今週放映した萌えアニメの集中公開、というのはどうだろう。
正直、コッチは録画だけでは見落としている作品もあるしね。
そしたら毎週行ってもイイや。
ポルシェに乗って毎週シネコン通い。
コーラでも飲んで、ポップコーン食べて、帰りはラーメンの週末。
製作費掛からないしさ。
画質がどうとかとか言わないからお手軽にちょっとやってみようよ。
入場料、安く設定すればそれなりの需要はあるんじゃないかと・・・

スポンサーサイト

Theme : 魔法少女リリカルなのは
Genre : アニメ・コミック

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。