スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖 三上延@萌え狙いではない本物のミステリー

2012-08-26 | 14:00

最初にこの本を見たのは某大型書店で、「売れています」というポップの下にありました。
表紙を見ただけで安易な萌え狙いだろうと判断し、こういうのは嫌だなあ、と。なんだもかんでも少女風のイラストを付けるという風潮は安易である、と嘆息したのですが、それ以降の評判が高いので購入。
一読、驚きました。

四話の短編からなるのですが、どのストーリーも練り込まれて非常に良く出来ていている。
題材が思いのほか深刻ですが、消化不良もあざとさもないですね。
ヒロインの描写のみ、ちょっと萌えへの意識が過剰な感じですが、推理の過程に不自然な感じはなく、読み進むにつれ、キャラクターとしての魅力も出てくる。
語り役の男性も、脇のキャラクターも良く書けていました。
安易な萌え狙いのミステリーかと思ったら、高水準の日常系ミステリーである、という結論ですね。

この後、大部のノンフィクションに取り掛かっているので、次回作はまたいつかになると思いますが、読むのが楽しみです。
必ず読むと思います。
とりあえず、表紙を見てかえって手を引いている方がいるなら、おススメしておきます。
スポンサーサイト

Theme : ミステリ
Genre : 小説・文学

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。