スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優美なるバレリーナ、次は踊れるのか?セルヒオ・マルチネスvsフリオ・セサール・チャベスJr@WBCミドル級王座決定戦

2012-09-16 | 21:28

12R、実に最後の1分30秒までは、マルチネスの独演会でした。
マラビージャはバレリーナと言われた足を使い、巧みに踊り、合間合間に左右のパンチを鋭く正確に叩き込み続けた。
サウスポーならではの右ジャブだけでなく、左のパンチまでをタイミングとポジションからジャブの如く使い分ける。
ビック・パンチはいらないという割り切った戦略は功を奏し、ひたすら正確に、手数で相手を削り取る。
プリンス・チャベスの顔は腫れ上がり、出血し、実際、手も出なければ、足も付いていかず。
プレッシャーを掛け、動きを止めようと、ボディを狙うも打たせてもらえない。
観ている方は、うーん、これほどの差があるのか、という驚きだった。
マルチネスが強いことは分かっていたけど、チャベスJrも前回のアンディ・リー戦なんか観るとね。
ちょっと強引なんじゃないか、と思ったファイトスタイルも堂に入って来た感触で、セルヒオの絶対勝利とは言えないと思っていただけに予想外過ぎるマルチネスの圧勝ペース。
それが一気に崩れたのが12R1分過ぎのダウンだった。
伝説の血統は伊達ではない、と証明したJr.

問題はリマッチだ。
マルチネスは果たして次も踊れるのか?
優雅で容赦のないダンスのスペースはありしや?
すべてはそれに掛かっている。
スポンサーサイト

Theme : ボクシング/WOWOWエキサイトマッチ
Genre : スポーツ

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。