スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理(下)奥田英朗@実際、登場人物の気持ちは分かる

2012-09-27 | 21:55

一気読みで下巻も読了ですが、群像劇の主人公たちは、期待したほど絡みませんでした。

それでも終始、小説に惹きこまれたのは、全員の気持ちが分かるからです。
離婚した公務員の友則。
東京の大学を受験し、この街から逃れようとする史恵。
老人相手のインチキ商売営業マン、裕也。
スーパーの保安員の妙子。
市議会議員で社長の順一。
そりゃ勤務時間中に、買春する公務員は悪いし、老人相手にあこぎな商売をする裕也は完全に犯罪者だ。
秘書からクラブのママにいたるまで女を造り、汚職を癒着した土建業者と進める順一も悪徳政治家だ。
保安院の妙子もなにやら歪んでいるし、受験生の史恵にも若者らしいエゴがある。
でも読んでいて感じるのは、人間ってこんな境遇で、こんな環境にいて、ああいった状況なら、こんなことをしてしまうこと、あるんじゃないかなあ、という共有感情だ。

友則は一所懸命仕事をしようとした挙句にパチンコ屋駐車場の秘密を知ってしまった。
知ったらどうでしょう?
ああいうことをやらないと言える男性いますかね?

裕也のやっていることは言い訳の効かない詐欺だが、あんな社長の元、ああいう街に住んでいたら、やっぱり頑張
っちゃうんじゃないかな。
終盤に見せた先輩後輩の友情は泣けるものでした。

保安員の妙子は結局、優しい娘だったじゃん。
ラスト、軽自動車の中の独白は気の毒だったな。
でも分かる。
このはかなさね。
私も同感。

順一議員件社長の運命は一番ドラマティックでした。
自分は精一杯悪いことしているのに、近視眼的な正義について、つぶやくセリフもまた正しいという、人の世の、人間の一筋縄ではいかないとこですね。
こういう視線の深さが小説の深みになります。

一番気の毒だったのは受験生の史恵で、彼女だけは落ち度がないよね。
「東京、いいですよね。毎日、お祭りみたいで@アニメ、アナザーの委員長」
そう、あんな街でくすぶった生活を送っていたら東京に憧れるのは、非常に真っ当な願望だと思う。

この小説は、脇役もみんな非常にビビットで、土建屋の薮田兄弟、社長の亀山、先輩の柴田、山本順一の息子と娘にいたるまで、全員が生きていた。
奥田英朗は力量のある作家だと分かったので、また読みます。
今、美術書と微積分の本を読みだしたので、何時になるかは分からないけどね。

スポンサーサイト

Theme : ミステリ
Genre : 小説・文学

Comment

Re: 悪徳なんて奥田さんのためにある言葉!?

> 奥田さんらしさが出た作品だと思います。
そうなんですか。

> すごい面白かったですし、しばらくしてまた読みたくなりますよ。
私も未だに印象に残っています。
各々の登場人物、みんな生きてましたね。

> ちなみに、新作「噂の女」を読んだのですが、こちらも面白かったですよ。
おお、参考にさせて戴きますよ。

> 超有名な作家さんだけに、いろいろなサイトで
> 取り上げられていますが、かなり掘り下げてるサイトを
> 見つけました。
> http://www.birthday-energy.co.jp/
これから行ってみます。

> 毒っぽい感じが上手く作風に現れていて、それが魅力
> でもあるとか。
多少は毒がないと刺激が乏しくなりますからね。

> 大御所になる感もあるそうで、これからも期待!
私も期待したいです!

  • 2013-01-16 | 20:17 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit
悪徳なんて奥田さんのためにある言葉!?

奥田さんらしさが出た作品だと思います。
すごい面白かったですし、しばらくしてまた読みたくなりますよ。
ちなみに、新作「噂の女」を読んだのですが、こちらも面白かったですよ。

超有名な作家さんだけに、いろいろなサイトで
取り上げられていますが、かなり掘り下げてるサイトを
見つけました。
http://www.birthday-energy.co.jp/
毒っぽい感じが上手く作風に現れていて、それが魅力
でもあるとか。

大御所になる感もあるそうで、これからも期待!

  • 2013-01-16 | 14:44 |
  • 嘉之 URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。