スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガ微積分入門 岡部恒治@球の体積と表面積の関係を微積で説明したのはお見事

2012-10-02 | 22:41

一読、センスのある絵柄に見えない漫画でつづられた微分積分の入門書です。
初版は20年も前なので、古臭い印象になっているのは仕方がないですね。
内容は、最初のうちこそ、ホントウに初歩の概念を絵柄で説明したりしているのですが、容赦なく難しくなり、最後は合成関数の微分やら、部分積分やらが駆使されて、πの近似にシンプソンの公式を使ったりする。
相当難しいです。

でも非常に参考になる部分も多々あり、まず例題を解いているうちにすぐ一般化してくることです。
思考法が数学的な本質をついていて、非常にヨロシイと感じました。
三角関数の微分の説明。
sin cosに各々接線を引いて導いた処も分かりやすい。
三角関数の微分は覚える公式が多いので、こういう図柄を使った説明はイイですよね。

感心したのは半径rの球の体積の公式と半径rの球の表面積の公式の関連を、微積分を使って実に鮮やかに関連づけていた点で、まさにこの辺は数学の真骨頂。
f(4/3πr^3)`=4πr^2
∫(4πr^2)dx=4/3πr^3
なりますね。
見事な関連だ。
球なすべての面で微分可能な形態だし、その表面積を積分すれば体積になる。
素晴らしい!
感動した。

∫1/xdx=logx+cも図解されるのを見ていくうちに充分納得できた。
棒グラフは積分である。
名言だと思いましたね。

ただ今後、この手の漫画は萌えに走るべきで、この本も信奈の野望に出ていた竹中半兵衛ちゃんを講師に、Take
犬千代、五右衛門、ねねちゃんNene
辺りに役を振り分けてやったらもっと楽しく読めたでしょう。
表紙は、「微分積分の天下布武よ」、なんて副題でさ。

スポンサーサイト

Theme : 数学
Genre : 学問・文化・芸術

Comment

Re: ブルーバックス

> 気になるけれど、(私にとって)なかなか手の出せない数学の入門書。(笑)
好みですからね。
まあ私も数学、出来るわけではなく、好きなだけですが。

> で、よく見ればブルーバックスの一冊なんですねぇ。
> なんか、懐かしいです(笑) 一番読んでいたのは高校生の頃でした。
かつては科学といえばブルーバックスでしたよね。

> マンガを活用した解説も、20年前の絵ともなると今の高校生には受け入れられ難いでしょうか?
まあ、アホらしいマンガなんです・・・

> マンガ部分の萌化が待たれます。
やる気100倍になると思います。
それも中途半端な絵柄でなく、綾波とかあむちゃんとか、1流どころを出してほしいです(笑

  • 2012-10-06 | 22:33 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit
ブルーバックス

気になるけれど、(私にとって)なかなか手の出せない数学の入門書。(笑)

で、よく見ればブルーバックスの一冊なんですねぇ。
なんか、懐かしいです(笑) 一番読んでいたのは高校生の頃でした。

マンガを活用した解説も、20年前の絵ともなると今の高校生には受け入れられ難いでしょうか?
マンガ部分の萌化が待たれます。

  • 2012-10-06 | 17:12 |
  • もとよし URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。