スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどか☆マギカBDvol3@特典も充実、ドラマCDサニーデイライフはかなり笑える

2012-11-24 | 22:21

まどかマギカBDの三巻目です。
このDVD、内容はモチロン至高なのですが、特典が充実しているのにも驚きます。
化物語以外では、ただのバカ騒ぎにしか思えないことが多かったオーディオ・コメンタリーも、脚本の虚淵玄さんを始め多彩なゲストが招かれて、制作の内側が明かされます。
これだけの大傑作アニメーションの制作秘話なんで、どんなことでも聴きたいでしょ。
そしてこれまたツマラナイことが多い付属のドラマCDも良く出来ている。
付録としては尺も長いし、脚本の大嶋実句さんが実に良い仕事をしている。
声優陣もノリノリだ。
結局、このアニメは参加した全員がイイ仕事をしたんだよなあ。

というわけでドラマCDですが、内容は、魔法少女の活動が忙し過ぎて英語のテストで赤点を獲ってしまったまどかとさやか。
優等生の先輩、マミさんに勉強を教わろうと部屋を訪ねるのですが、赤点まどかを心配するほむらさんと、ケーキ目当ての杏子さんまで遊びに来て、さらにはひとみさんを襲う怪しい影の存在をキュウべえが知らせたりして大騒ぎというコメディです。
本編の緊迫、ヘビー、涙涙という内容と違い、終始ほのぼの。
ドラマの各所には、あの名セリフたちがちりばめられ、それが巧い具合にボケられているのでともかく笑える。
さらにはほむらさんのまどかさん好き好き設定が隠されることなく全開で、怖いくらい。
本編がアレなんで、もうこのほのぼのがたまらなく愛しくなるんだよね。

まどかマギカは一巻目のドラマCDも良かったし、二巻目の音楽CDも非常に聴きごたえがあった。
今、四巻目の音楽CDを聴きながら書いているんだけど、梶浦由紀の造り出す音楽空間は、荘重で哀愁を帯び、悲劇の予感をはらみながら清澄な響きを失わない。
その鐘が鳴り出す時、弦の音が答える時、陽は落ちて昏い影は歩み寄り、ドラマは始まる。
素晴らしいです。


劇場版のBDも出たら買いますが、アニメのBDも買って損はないです。
というか、何回観てもイイよね。

映画は実は昨日も後編を観てきて結局、前編3回、後編4回観た。
観に行った某シアターは、昨日から配布された特典目当てもあるのか、6分の入り。
盛り上がるシーンでは、涙を拭く人多数でしたね。
アルティメットまどかも買うしかないかなあ・・・でも来客とかお仕事関係の人が来た時の隠し場所が問題なんだよなあ・・・

スポンサーサイト

Theme : 魔法少女まどか★マギカ
Genre : アニメ・コミック

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。