スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

987型ポルシェ・ボクスター2011年式PDK@冬の使い勝手

2012-12-02 | 16:22

冬場の使用感は上々です。
パワフルなシートヒーターはデフォルトで強設定、風の巻き込みは最低限で、吹きだすヒーターは30℃まであって強力。
乗り味は滑らかで操作系は剛性感抜群なので、冬場は好天の昼間がイイですね。
晴れ渡った昼間に空を観ながらドライブも、マフラー1本巻いていれば寒くても非常に快適。

ただ気軽な足車にしてはステアリングが重く、うろうろその辺を走り回る時は鬱陶しい。
こうなると思いだすのは同じミッドシップの360スパイダーで、アッチのステアリングはひたすら軽くスムーズだった。
確かに横幅は膨大だったし、地上高は最小限だったし、ドアはバカデカくて乗り降りには不自由だったし、何よりカッコがアレだったからその辺のお使いに使うのには不便だったけど、ステアリングは高速コーナリングでもインフォメーションは充分だった。
この程度のこと、なんでポルシェには出来ないのか?
PDKの精緻極まりない出来を考えると、パワーステアリングの設定位幾らでも工夫出来たのではないか、と思えて癪に障ります。
危険です、と表記してあるドアミラーのたたみ方も未だ慣れません。

ドイツ車ってこういう点が癇に障るんだよね。
イタリア車は、マセラティスパイダーのボディが緩くても、360スパイダーの水温が真冬でも渋滞に嵌ると100度だったりしても、出来る範囲で一所懸命だったんだろうなあ、という健気な感じを受ける。

一方、ドイツ車は、以前の260Eのステアリングのデカさとかアクセルの初期応答の鈍さとかにも感じたんだけど、ホントは軽く改善出来るんだろうに、わざとやってないんじゃないか、と邪推したくなる何かが残る・・・(笑
スミマセン、悪く取り過ぎでしょうか?

ま、最終型122psエンジンの116i、非常に気に入っているんで、ドイツ車全部ダメという訳ではないんですが、116iも2006年車はハンドル重すぎだったよね。今の2011年型は完璧ですが・・・

それからポルシェに乗って分かったもう一つの事は、今の私に結局、理想のスポーツカー(オープン2シーター)はないんだな、ということ。

フェラーリは派手過ぎて神経使い過ぎて嫌、Z4だと物足りない。
それならボクスターかと云うと、ブツクサ文句を言い始める。
でもコンビニからシネコン、お買い物まで(昨日の夜は洋服買いに行った。ラルフローレン、セールでバカ安半値で買えた)116i@2011年式がお気に入りってことなら、スポーツカーはフェラーリのスパイダーに戻すって選択肢はあるよね。
でもイタリアのスタイルはどうしても好きになれない。
スタイルが大好きだった430は、これから乗り替えるには、すでに古くなりすぎた感じもあるしなあ・・・

まあ、この処毎年クルマ買っているのでもう少し乗ります。
魅力も見えてくるかもしれないしね。
どっちにしろ私にもったいないようなクルマなのも確かだしな。
あんまり贅沢言うのは止して、ありがたいという気持ちを思いだそう。
ありがたい、ありがたい。
スポンサーサイト

Theme : ポルシェ 
Genre : 車・バイク

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。