スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麤皮(あら皮)@ついに行きました

2012-12-09 | 15:57

CMで「私の世界を構成する「鹿」のようななにか」と言って、向日葵に直されるのは櫻子ですが、こっちは鹿を三つ重ねてあらと呼ばせるあら皮です。

究極のステーキ店として、長らく有名なこのお店。
私も何度か行こうと試みるも、そのお値段やら風格にビビって先延ばし、先延ばししていてのですが、人間の運命なんて明日をも知らぬモノ、と思いきって行ってきました。

ミシュラン店シリーズですが、実はコッチも少し飽きてきていてね。
フレンチとかイタリアンはもう良いかな・・・と。
本当に旨かったモノってなんだろう、と思い返すに、ここから暖簾分けした哥利歐(ごりお)だったかな、という思いもあって飛びこむような気持でした。

御成門のお店は、場所も良く分からなかったので、少し早く着き過ぎてしまい、時間潰しに近くのローソンに入ったら、伊藤園のけいおんフェアを見つけ、レストラン前だというのに、梓、憂、和ちゃんミニフィギュア付きのお茶を3本も買ってしまったり・・・ま、帰りまでに飲み切りましたが・・・
時間の少し前にうかがうと、もうドアの外でマネージャーさんがお待ち戴いていました。
この日は妻が行けずに私一人だけだったので、一人用の特別メニュー
本来は400g以上のお肉(金串に刺して、備長炭で炭焼きにするから厚み、ボリュームが必要)を、ギリギリ味を落とさずに焼ける350gに修正して戴き、その分、お値段もお安くなり45000円!
他、ビール800円、パン300円、温野菜500円、紅茶1000円でサービス料込でお支払いは53312円でした。

ネットでは一人10万円、という話も流れていたので、思ったより安かったですね。

ステーキ自体は哥利歐より脂が乗っている感じ。
350g以上は一人で食べるには相当多いですが、なにせ芸術品というレベルなんで完食出来ます。
またお店はコッチの方が広く、多人数で行けばメニューも豊富に選べて楽しめるでしょう。

妻や娘と2人3人ならごりお。
5.6人以上ならこちらですね。
ま、お会計が怖いですけど、このお店で食べるステーキは、旅行に例えるならオーロラ見物とか、クルマならフェラーリに乗ってみるとか、という一生に一度レベルの究極体験代だと思うので、心惹かれたら飛び込んでみるのも良いでしょう。
マネージャーさんは非常にお話しが巧く、炭で肉が焼けるまでが長いのですが、色々お話が盛り上がりました。

死の床でするかもしれない後悔が一つ減ったかな。
ま、そういうレベルのレストランですね。
スポンサーサイト

Theme : ミシュラン東京150店に行こう♪
Genre : グルメ

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。