スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012衆院選@安倍さんはこれから大変だと思うんだ&凄味のある小泉進次郎

2012-12-17 | 21:16

今回の衆院選についてあまりエントリーを書かなかったのは、というか、最近、以前ほど政治ネタを取り上げないのは、もう日本って実は限界点を超えてしまっているんじゃないかな、という危惧があるからです。

まあ、前回の民主党圧勝もショックだったんだけどね。
自民嫌と言ったって、日教組をバックにした政党にあれ程支持が集まるとは、私は想像だにしなかった。
日教組と朝日新聞の政党だったんだぜ。
ま、私の感覚だと麻生内閣時に、閣僚の日教組批判にメディアが騒ぎ出した時は、解散のチャンスだ、と思ったくらいでね。
リーマンショックは長く尾を引くだろうから、ここは争点を日教組問題に絞って戦えば、勝機はあるか、と思ったら、あっさり辞任させられて、選挙は圧勝された。
その後の民主党政権が良かったんなら、私の不明のいたす処だ、と謝ること、やぶさかではなかったんですが、結果はご覧のとおりで、なんでみんな予想出来なかったのかが未だに分からない・・・

多くの日の丸が翻った安倍、麻生の選挙前夜の秋葉原の集会は胸の高鳴るものでしたが、実際、前途は厳しいでしょう。

そんな中、一人凄味のある光を放っていたのは小泉進次郎ですね。
「自民党に風なんかなかった。民主党が酷過ぎただけ。新党が新党に見えなかった」とクールに言い放つ。
謙虚で偉ぶらず、激高もしない。
当意即妙でありながら嫌味もない。・・・この人の前だと橋下さんも石原さんも小物臭がしてくるほど・・・

あ、卒業大学の偏差値を言う人いますが、政治家とか経営者のホントの大物ってのは、一種の芸術家だからね。
歴史の勉強してれば分かりますよね。
本ならガリア戦記とかプルタコス英雄伝をおススメする。
それでも分からない人は、朝日新聞とか毎日新聞読んで、福島瑞穂、鳩山由紀夫、初鹿あきひろなんて人を支持すればイイと思うよ。

政治的信条は自由だからさ。
スポンサーサイト

Theme : 日本を正常な国に戻したい
Genre : 政治・経済

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。