スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLAY TOUR2007安室奈美恵@怪物誕生を目撃せよ!BD追加購入の価値は大

2013-01-09 | 23:37

私は内容というか、概念への興味が深いタイプで、画質など視聴環境に関してはわりとどうでも良いタイプなんです。
モチロン最初からBDが出ていれば素直に買ってますが、このPLAYツアーはすでにDVDで購入済み。
BDが出ても、まあそのウチに、と放置していたのですが、ファンクラブの会報を読むと特典が付いてくるのを知ったので他1枚と合わせて購入@去年の10月

で、結局、特典の方は終了していて手に入らなかったのですが、観てビックリ。
以前のDVDより遥かに良く見える。
安室奈美恵という怪物誕生の完全なるドキュメンタリーになっていました。
このライブは大人の雰囲気というか全体に演出が暗かったでしょう。
このBDは隅々まで鮮明で、画質にこだわらない私でもありがたかった。
それにしてもなんと美しい素晴らしいライブなんでしょう。
このライブで完全体となった彼女はまさしく美の化身。
ディオニソスの妖精であり、ジャン・コクトーの言葉を借りるなら聖なる怪物だ。

HIDE&SEEKで幕を開けるコンサートは、FULL MOON, IT`s all about YOUと続くのですが、そのダンスも歌も美貌もスタイルもすべてがあまりに完璧すぎて、とても生きた人間のやっている事に見えない。

男性ダンサーの腕に飛び込む時に見せる連続ターンの目を見張るような速度。
フルスクワットからは瞬時に反発し、長い手足が縦横に舞うも歌に一切の乱れはない。
黄色いフラッシュライトが幻想的な効果を上げる中で踊る彼女は、未来の芸術家が造りだした完璧なサイボーグというか、宇宙の何処からか地球に落ちてきた人とは別種の何か美しい生き物というか、実際にステージを観に行ってなかったら、これはCG映像なんじゃないか、というか・・・
いわゆる人間なら必ず持ち合わせているはずの瑕疵、至らなさ、残念さがまったくないのだ。

衣装を変えて黒いキャミソールになると、漂うのは極上のエロスとスリル。
フリルのついたミニスカートが揺れると視線は呪縛され、その酔い心地、舌から喉ごしに走る香りとコクには陶然となるばかりだ。
肩にびっしりとかいた汗がライトを反射し、自分だって人間だ、と訴えているようにも見えるけど、騙されないよ(笑
こんなに完璧な美を司れる人類なんていっこないし、いるとすればやはり神の造り上げたフェラーリだけだよ。

中盤のGIRL TALK、FUNKY TOWNの可愛らしい笑顔を見ると、何故女性たちがこれほど彼女に夢中になるのか分かる。
どこまでもファッショナブルでキュートなのだ。

終盤はWANT ME WANT ME、VIOLET SAUCE、TOP SECRETとハードでエッジィな曲を連発して〆。
もう歌謡曲はやらないってことだ。

これ以降、彼女は毎年このレベルのライブDVDを連発しだす。
言いたいことがあるとすれば、ライブというモノのレベルをここまで引き上げてしまった彼女の罪は重い。
他とかけ離れ過ぎているんで、他の歌手のコンサートを観る気がしなくなるんだよなあ。

スポンサーサイト

Theme : 安室奈美恵
Genre : 音楽

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。