スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日@3Dには海という手がありました

2013-01-30 | 23:12

【注意】この記事では終わりの方で映画の解釈について触れます【注意】

今は映画ファンには飽食の時代と思う。
有料の衛星放送と契約すればだが、古典的な名作映画からついこの間派手に宣伝していた話題作まで。
お気楽なコメディ、アクション系から、芸術文学系に至るまで、ほとんど観きれないほどの作品が放映されては消えていく。
大画面のテレビで鑑賞でき、電子番組表からの録画予約も簡単なら、細切れ鑑賞だって楽々だ。
我々は食べきれないほどの皿が出されては、ほとんど手つかずに片付けられているような、映画鑑賞における「トリマルキオの饗宴」の時代に生きている。

こういう時代だと、かえって映画館に足を運ばせるのは難しい。
なにせ映画なら幾らでも観られるのだ。
しかも気軽に自宅で用事の傍ら、食事しながら、ドンドン録画した映画なら詰まらなくても消せば良い。
実質無料、手間なしだから惜しいことはないのだけれど、それだけにいざ実際に映画館まで足を運び、料金を払って退屈な作品を見せられた時の残念さは大きくなった。
そうなるとまず行こうと思えるような映画は、映画館でしか出来ない体験が、出来そうな作品となる。
今ならやっぱり本格的な3Dかな、ということで、行ってきたのですが、結果、この作品は合格点です。
冒頭の動物園のシーンから、楽しみだった海上シーンまで、極めて美しく得難い鑑賞体験となりました。
そうか。
スペクタクルな映像というとまず思いつくのはアバタ―をやったジェームズ・キャメロン監督と同じにまず宇宙。
異星の風景となるのだけれど、地球には海があったね。
海上での夢幻的なシーンでもう少し3D映像を展開して欲しうらみもないではないけど、主演俳優、ストーリーも素晴らしかったので良しとしたい。
迷っている方にはおススメの1品ですね。

さてこの映画、すっかりストーリーが語られた後、もう一つのストーリーが紹介される。
貴方はどちらが真実だ、と感じましたか?
私は後者だと感じてます。
そう虎は優しく繊細なベジタリアンのインド人青年が、苦難の中で生き残るため発揮した戦う本能のメタファーだったのだ。
だからこそメキシコの海岸に漂着し、助かったと感じられた瞬間、後も振り返らずジャングルに消えたのではないか、と思うんですが、どうでしょう。
スポンサーサイト

Theme : 特撮・SF・ファンタジー映画
Genre : 映画

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。