スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iphoneで読む青空文庫はヤバい!スマホ禁止にしないと経済復活もないぞ

2013-02-03 | 21:57

スマートフォンと付き合いだしたのはもう二年以上前でした。
ただ最初に買ったシャープのSH-10Bはまったくダメで、ただのマーケット情報端末になっていた。
結局、スマートフォンらしいスマートフォンはこのiphone5が最初なんですが、ヤバイですね。
コレ一台でホント、他に何もいらないって位時間が潰れる。
ありとあらゆるアプリはあるし、LTEは速くストレスもない。
iphone自体も良く出来ていて、確かに説明書いらないね。

萌え系アプリを入れたり削除したりグールグアースを入れて世界を旅したり。
PCの前で観るより自由に、いつでもどこにでも場所にも時間にもとらわれない。
そんな中で最近ハマっているのが「青空文庫」(笑
青空文庫はPCでも読んでみたことあるんですが、PCのモニター越しだとなんか疲れちゃってね。
なんでPCの前にいるのに、こんな古臭い本を読まないとならないのか?なんてことを考えてしまう。
それが携帯だと、気軽にトイレにでもベットにも好きな処に持って行って読める。
構えないで済むんですね。
さらに本と違って短いエッセイも1編づつダウンロードして読めるから、読みかけ本がどんどん積みあがることもない。

読み切ったのは泉鏡花(怪談会、序)、海野十三(あの世から便りをする話)、小酒井不木(恐ろしき贈物)、西
東三鬼(秋の暮)、モーパッサン(ある自殺者の手記)という短編やらエッセイやら。
今読んでいるのは、ドグラ・マグラと、流刑地で@カフカ、アッシャー家の崩壊@ポーなんかです。
ドグラ・マグラと、流刑地で、は大昔に一度は読んだ本なんですが、最近、再読を目論んだ処、本が古くてね。
新たに買おうかどうしようかなあ、と迷っていたんでちょうどイイ。
私はちょっと出かける時でも、本がないといられないたちで、財布を忘れても本は忘れない一種偏執的なとこがあるんですが、もう本を持ち歩かなくて済む。
ネットに繋がる環境なら、無限の本棚と移動しているのと一緒。
自宅では紙の本、読んでますがね。

それにしてもスマホはいったん買うと他にお金を使わなくなるね(笑
ビックリするくらいありとあらゆるアプリがあるんだよ。

萌え系アプリも二つ入れていて、交代にタップして楽しんでいる。
他愛もないんだけど、つい顔が緩む(笑
これがみんな無料・・・・
スマホってさ。
正直、スッゴイデフレ増速させてると思う・・・・(笑
延々、撫ぜてると日が暮れちまう。
ヤバイよこの機械。
スポンサーサイト

Theme : iPhone
Genre : コンピュータ

Comment

Re: Re: 青空文庫

> > 青空文庫って、その作品セレクションのスノッブさが素敵(笑)ですけれど、「ドグラ・マグラ」が入って
> 青空文庫内では、スゴイ人気作品のようですよ。
>
> > いつか再読してみたいと思っていたので、これはとっても嬉しい情報です。(^ァ^)
> オモシロい本、たくさんありますよ。
> 今「ああ、玉杯に花受けて」を夢中になって読んでいます(笑
>
> > 吉川三国志。 私は大きなフォント
> >(このところ視力が低下する一方でして ^^;)
> 私もです。
> だから大きなフォントで読んでいます。
> 実際の本より読みやすい位です。

  • 2013-02-07 | 07:38 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit
青空文庫

青空文庫って、その作品セレクションのスノッブさが素敵(笑)ですけれど、「ドグラ・マグラ」が入っていましたか。
いつか再読してみたいと思っていたので、これはとっても嬉しい情報です。(^ァ^)
そういえば最近、吉川英治(1892〜1962)の著作が加わり始めたようですね。
吉川三国志。 私は大きなフォント(このところ視力が低下する一方でして ^^;)で、もう一度読んでみたいんですよね。(笑)

  • 2013-02-06 | 17:54 |
  • もとよし URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。