スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大いなる眠り:村上春樹訳 レイモンド・チャンドラー@「現代の都会」が生み出したヒーロー像。その淵源は1939年

2013-02-05 | 22:56

村上春樹訳のレイモンド・チャンドラー作品も四冊目です。
これはその長編デビュー作ですが、正直、春樹訳チャンドラー作品、最大の読み処となる、文章に宿るリリシズムという点では過去の3作品に劣るモノです。

ただこの作品は、この後、映画や小説、日本のアニメに至るまで、無数のフォロワー生んだ「偉大なるマーロウ@都会のダークサイドを歩く、シニカルで優しい孤高の騎士」誕生を告げるモノであり、ル・モンド、タイムの評価を待つまでもなく、ミステリー小説マニアなら抑えておく作品ですね。

双葉十三郎訳でも読んでいたのですが、今回読んでみて「大いなる眠り(the big sleep)」という題名が凄く、腑に落ちたよ。

あいかわらず素晴らしいのが「あとがき」で、以下フィクションに対する評価基準としてと今後も参考になると思える言葉を(個人的に書き換えて)備忘録
1)なんらかの過剰さを欠いた「名作」がいったいどこにあろうか
2)「すべてはロジカルに解決されているけれど、話としてはそんなに面白くない」小説より「うまく筋の通らない部分も散見されるものの、話としてはやたらと面白い」という小説の方が遥かに魅力的
3)現実離れした物語が「寓話」なら、それは「神話」にまで昇華されている。
「神話」と「寓話」の違いは何か?
寓話は形象の組み替えというレベルで完結しているが、神話は人の心の「元型」に結びついている。
頭で理解することを超えて、心をすっぽりとあてはめる。理解は必要とされていないのが大きな違いだ。
元型は時代を超え、地域を超え、言葉を超えて集合的に機能する資格を与えられる。
4)我々は誰しも自由に憧れる。しかし自由であるためには心身共にタフでなくてはならない。孤独に耐え、ことあるごとに厳しい判断を下し、多くのトラブルを一人で背負い込まなくてはならない。すべての人がタフになれるわけではなく、多くの人はどこかの時点で保護を必要とし、頼ることのできる組織を必要とする。
5)「ジャンル」というのはその固有の形式性によって、作品の幅を限定する。
しかしチャンドラーはそのパターンを逆手にとり、形式性の中に強靭な文体をぐいぐいと詰め込むことによって、その形式をある処まで「脱構築」することに成功した。
最後までジャンルに固執しながら、その作品がジャンルを超えて機能しているのはそのためである。
マーラーが交響曲に対して行ったことに相通じるものがある。
スポンサーサイト

Theme : 推理小説・ミステリー
Genre : 本・雑誌

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。