スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルシェ・パナメーラを使いこなすには?

2013-02-20 | 22:36

ポルシェのディーラーで、何度かパナメーラに乗せてもらった。
巨大なボディは巌のようで、いったん乗り込むとインテリアは絢爛の極みで、アクセルを踏み込むやエンジンは途方もないトルクを沸き立たせる。

なんだか城塞ごと移動しているが如くで、路上の王者の風格である。
「今度のおクルマ、この辺りでどうですか」とは反射的なセールストークだろうが、正直、こんなクルマがあっても使い道が分からない。

私のクルマの用途は、会合に行く(片道10分)、勉強会に行く(片道15分)、シネコン(30分)で、後は近場のドラッグストアやらコンビニだ(最近ではレンタルDVD屋)
法事関連だと、稀に遠方のことがあるが、まあめったにない。
さらに思うのは最近、仕事で初めて行った某所。
意外や駐車場が思い切り狭くて116iで良かったな、と思ったばかりだ。

では、そんなパラメーラ。
どんな使い方なら良いだろうと考えるに、まずゴルフとかする人なら良いんじゃないか、と思いついた。
パナメーラに乗って一流のゴルフ場に乗りつける。
ゴルフ場なら駐車場も広いし、途中の道でも飛ばせる。
人生、勝ったな、というシチエーションですね。
でもこんなクルマで通っていたら、一度乗せてくれ、という友人が現れるんじゃないか?
一緒にラウンドする仲間がパナメーラに乗っているなら、一度は乗りたい、と思うのが人情だろう。
迎えに行って、ゴルフ場まで載せてあげても良いが、そんな人が我も我もと現れて、2.3人と増えたら、さらにはそれが毎度の事になったら、その送り迎えで、幾らクルマが良くても、なんだか運転手の気分でオモシロくなかろう。

では軽井沢に別荘とか持って週末は軽井沢族、なんて人ならどうだろう?
金曜は5時前に仕事を終わらせ、さっそうとパナメーラを駆って高速に。
途中、隠れた名店って感じの蕎麦屋で一箸たぐり、日の暮れる前に別荘に付いたら軽井沢族の集う会員制のクラブに顔を出し、翌日は乗馬やらゴルフやら。
別荘のガレージにはクラシックフェラーリとかね。
完璧だ!
でもこんなクルマに乗っていたら途中の高速、飛ばしたくなるんじゃなかろうか?
以前、関越で85キロ―オーバーで捕まった時は、検察庁に呼ばれるは、聴聞会には出なきゃなんないわ、と往生した思い出がある。
パナメーラって前さえ空いていれば250キロ位で走らせたくなるんじゃないかな。
それを堪えてそこそこで走るってのは逆に苦痛と云うモノだ。
ビールとツマミ片手にiPadで青空文庫でも読みながら、寝て行ける新幹線のグリーン車の方がよっぽど良い気がする。
実際、軽井沢って、道が狭いとこも多いから、巨大なボディは持て余すこともあるだろう。
別荘族でも新幹線、タクシー、別荘にはクラシックフェラーリとBMWの1でイイんじゃないかな。
うーーん、現実の世界を離れ、妄想を広げてもパナメーラの良い使い勝手が分からない私なのだった。
スポンサーサイト

Theme : ポルシェ 
Genre : 車・バイク

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。