スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版とある魔術の禁止目録エンデュミオンの奇跡@マクロス風味の上質作品

2013-02-24 | 20:29

土曜は仕事の後、自宅で食事を済ませ、116iに乗ってレイトショーに向け出発!
アニメをやっているシネコンはいつもの所より遠いのです。
途中、二~三車線のバイパスをイイペースで走っていたら、後方から追い上げてくるライトあり。
背後にピタリとつかれる。
大きな声じゃ言えないけど、バイパスと言え一般道を100キロ弱の流れに乗っているんだから、そんなにせっつかなくてもイイじゃん・・・
なんとなくカチンと来て先行車を左側から抜き、アクセルを床まで踏み抜く。
どうせ116i@E87最終型だからホントに速いクルマだったらすぐに追い越されるはず・・・
120・・・130・・・140・・・170・・・アクセルは戻さない。
こんな風にして昔、死に掛けたことがあったなあ、と思い出が蘇るも、追って来ないので拍子抜け。
なんとなく調子に乗ってしまい、けいおん@ライブ版、ゆるゆり、みなみけ、ドラウニング・プールをなんかを聴きながら飛ばしに飛ばしてシネコンに到着。

チケット売り場に並んでいると、背後の男性二人組もインデックスの話で盛り上がっている。
グッツ売り場の長蛇の列も、アニメ映画公開日に散々観た風景、デジャブな感じ。
でも私はお目当ての初春(ういはる、と読みます)ちゃんがないのでスルー。
パンフもオモシロイかどうか疑いが捨てきれないので、保留する。
入場時に小説を貰えるんだけど、オマケとしては破格の出来ではないのか?
場内はかなりの混雑ぶりで、熱気がありました。

で、映画ですが、まずは学園都市の夜の光がとても綺麗で、そのクオリティに感心していると、初春ちゃんキターーーー!
おお、さっそく出てるジャン!
で、歌手の女の子が出て来て、歌が人々を救うのか、どうなのか、という話なんですが、良かったです。
女の子の歌も良かったし、敵役が見た目10歳のゴスロリ少女なんだけど、巨大コンツェルンのカリスマ社長という、まあアニメはこうじゃなくっちゃね、という無茶な設定で良かった。
初春ちゃんだけでなく、黒子も活躍。
モチロン御坂さんもステイルさんも打ち止めさんもアクセラレーターさんにも各々全員に見せ場があって、劇場版らしいお祭り状態。
良くまとまっていたと思います。
セリフも「シュメールのジグラッド」とかカッコ良かった。

宇宙で歌で危機状態でって、なんとなくマクロスっぽいんだけど、娯楽映画としてはサービスカットもバッチリで、満足度は高い作品です。
帰り際パンフとクリアファイルを購入するくらいオモシロかった。
近場のシネコンなら100%二度目アリだけどね・・・ちょっと遠いのでどうかな・・・というのが思案のしどころ・・・

ps
歌手の鳴護アリサちゃん、声も良くて、曲も良くて、充分可愛いくて、アニメらしくコスチュームがド派手なんですが、こういうありえない格好の女の子が歌って踊っていると思い出してしまうのは安室奈美恵様。
二次元はどこまでも理想を追求出来る「絵に描いた餅」なんだけど、幾ら魅力を追及しても実在する安室奈美恵には及ばない。
三次元でありながら、自由に描ける二次元を超越しているって凄いよね。
という訳で、帰り道は安室様を主軸に聴く。
途中ローソンで色々購入。
禁止目録キャンペーンの紅茶が美味しいよね。
すっかりローソンびいき。
ラーメン屋にも寄って夜食。
楽しい一夜でした。

毎月萌え系アニメの映画やらないかなあ・・・次は電磁砲とか、ゆるゆりとかみなみけ、とかさ。

ps2
スピード云々の件はみんなネタです。アニオタなんで免許もありません。
スポンサーサイト

Theme : アニメ
Genre : 映画

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。