スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30男は何故、女性と交際しないのか?@恋愛を打ち負かしつつある競争産業

2013-04-02 | 22:42

30代の時、私も彼女、ずっといませんでした。
スペックが低かったわけではないと思います。
なにせクルマはフェラーリ、趣味はテニス。
なんかこう書くと実態をかけ離れた凄い印象が(笑)ありますが、なんで誰とも交際がなかったかというと、まず仕事をしていた。

当たり前ですね。仕事してないのに、結婚を考えたくないでしょう。
そして仕事が少しでもマシに出来るようにと、休日は勉強会にも行っていた。
必要ですよね。勉強。
みなさん、立派に仕事が出来るように勉強しなさいっていうでしょう。
そして仕事を初めてみれば、納得できる方、多いと思いますが、いわゆる仕事上の用事、というのでたまに休日が削られる(=デートの時間がなくなる)
そしてテニスがオモシロかった。
ヘロヘロのセカンドサーブをなんとかしたかったし、フニャフニャのバックハンドも巧くなりたかった。
という訳で練習、練習。
フェラーリは免許を取った時からの夢で、由来10年を経て、仕手株の投機で買ったのですからドライブもしたい。
フェラーリは気を使うクルマなので、隣には誰も乗せたくない。
一人で走りたい。
という訳で女性と付き合う暇なんてなかった。
でも1)働く2)勉強する3)付き合いをする4)スポーツ5)趣味
どれも悪くないでしょう。
それでも友人たちが続々と結婚していきますし、当時は結婚当たり前という風潮だったので、私もしないとな、という気持ちはあり、見合いはしていた。

でも私の頃ですら、30男に彼女なんていなかったのです。
30男なら彼女の一人や二人当たり前っていうのは女性に熱心な一部の人だけ。
いないのが普通で、いると驚くというのが私の認識ですね。
当時、インターネットなんてなかったんですよ。
だからスマートフォンで2chのまとめブログ読んで笑う、なんてことも出来ない。
投機が好きだったのですが、当時は電話で個別株のみ9時から午後3時の世界。
夕方からロンドンタイムで夜にはNYが開く。
実質24時間眠らない市場が待っていて、手数料は激安。情報は取り放題、チャートは造り放題って、今は幾ら時間があっても足りなくなった。

そしてテレビだ。
テレビは全然見ません、というのは地上波キー局の話であって、衛星放送でやるスポーツ中継が昔とは異次元の充実ぶりで、すっかりオモシロくなった欧州サッカーに世界中のタイトルマッチ、進歩した総合格闘技等、オモシロくってしょうがないというレベルであって見ないではいられない。
映画も見放題。
さらにトドメはアニメの飛躍的発展があります。
思春期に綾波レイと会っていたらと思うとある意味恐ろしいわ。
あの追えどもうつろう幻想に取り込まれたら、現実の女性は対応が難しいと思う。

30代だと、とどまることをしらない性欲とかすでにないし、仕事なんて好きじゃなくてもちゃんとやらないと生きていけないし、そうなると仕方ないから勉強もしないとさ、となって趣味も好きなことが固まってくるしで女性は色々大変だからイイかなあ・・・というね。
もしこの世からPCがなくなれば。
スマートフォンがなくなれば。
衛星放送でのスポーツ中継がなくなれば。
萌え系アニメがなければ、と考えると、ほら、女性に恋でもしようかな、って気になるでしょ。
でも現実にはみんなあるんで、そうなるとついつい女性を追いかけるのは後、後にずれがちだ。
結局、結婚の喜びというのは、大変なことの後にあるので、それが実感し難いんだよね。
萌えアニメの楽しみはすぐに得られる。
今度の春アニメでは「とある科学の超電磁砲S」がやるんだが、楽しみ、楽しみと録画予約をして、仕事の後に観たりするとオモシロくって、スマホいじりながらAmazonに行って一期のBD、続きも買っちゃおうかなあ、なんてやっているとあっという間に時間は過ぎて・・・親から結婚、結婚と言われても、結婚は失敗もあるしなあ、なんて取りこし苦労も頭をよぎると先延ばし指向はさらに強まって。
でしょ。
他に娯楽がなくて、仕事も暇ならね。
実際、電気すらなく、仕事だって禄にしてなかった平安貴族だから愛だの恋だのって言えたんじゃないか、と。
労働労働で畑を耕していた農民階層ってそんな愛だの恋だのって言っていたのもいただろうけど、労働がキツ過ぎれば一般にそれどこじゃないと思うんだけど、よほど良い相手と巡り合わない限りね。
結局、楽しみを提供する産業が発達し過ぎて、恋愛というコンテンツは相対的に競争力を失っている、という認識をみんなもっと持つべきなんだよ。

ではこのままでイイかというとそうとも思えないんで、どうすれば良いかと言うとあらゆる方法で結婚を奨励しないとダメなんだろうな。

結婚して子供が出来ると教育費何千万円とか言って怯む人がいるけど、実際には毎日毎日働いているうちになんとかなります。
というか。
人間どうせ毎日毎日働かないとならないので、それなら誰か自分以外の人間の為に働くのは悪くないですよ、と今は言えるかな。
不思議なことに悪くないんだよ、ホントに。
将来、還ってくることもないんだろうけど、バカ(結婚)をやるのも一生でね(笑
合理的な計算だけの一生ってのもツマラナイでしょ、と思うんだ。
スポンサーサイト

Theme : 本日気になったネタ
Genre : ニュース

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。