スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第71期将棋名人戦第一局@椿山荘で観てきました。やっぱり必要なのは時間

2013-04-11 | 21:42

いつか観たいなあと思っていたのが、将棋の大盤解説会。
昨日は休日と第71期名人戦の一局目が重なったので、勇躍、椿山荘に行ってまいりました。
ただ椿山荘って結婚式に呼ばれたり、泊まったこともあるのですが、どうもあんまりファンになれない・・・
レストランがね・・・
周囲にもないんだよね・・・スタッフの方々は良いのだけれど、あまり施設のセンスが好きになれない・・・椿山荘ファンのみなさん、スミマセン。
バカの戯言だと思って聞き流してね。

とりあえず護国寺からタクシーに乗って正門へ。
ロールスロイスをグイグイ乗り回す年配の方がいて、この辺は流石の椿山荘。

大盤解説は1時半開始なので、まずは食事。
花車に行きましたが、レストラン内容の記事はまたいずれ。

昼食後、会場に行って2000円なりを支払い入場すると、すでに席の8割は埋まっている状態で、意外や意外、女性ファンの姿も多い!
将棋ファン=年配の男性、という構図。
案外変わっているかもです。
この日は封じ手のオークションがあったのですが、会場では棋士の色紙も売っていて、買おうかなあ、と思いつつ、見送り。
一回り見回った後は、昼食時に呑んだビールが回っているのでいったん会場から出て、ソファでうたた寝。
どうにも酒に弱い私です。

時間となった頃、起きだして会場入りすると、すでに席はかなり後方の方しかなくて、座ったままだと良く見えない。
必死に身体をずらして、人と人の間から、大盤の解説を見る。
Meijinsen3
解説司会は副立会人の木村一基八段と矢内理絵子女流四段。
Meijinsen2
木村さんのノリノリの解説が非常に楽しかったです。
Meijinsen1
ただ現場にいると当たり前だけど長い・・・
私は夕方から用事があったので中途退場でしたが、うん、いつか、こういう現場に行っても時間を気にしないで済む生活をしたいですね(笑
次の目標はこれだな。
「大盤解説の最初から最後、終局までじっくり見ること」

結局、羽生負けでしたが、羽生さん、名人戦での対森内さん、竜王戦での対渡辺さん相手だと、独特の隘路から攻めいるような戦法が鎮火されてしまうよね。
スポンサーサイト

Theme : 将棋
Genre : ゲーム

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。