スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄変、邪宗門@芥川龍之介:山羊の歌@中原中也:美しい村@堀辰雄、タゴール、魯山人など@青空文庫

2013-04-12 | 21:06

iphoneからの青空文庫。
相変わらず読んでおります。
サイズ的にはiPadの方が読みやすいんでしょうし、それならいっそKindle買えよって話なんでしょうが、出先にまで持ち歩くには小さい方が良くてね。
で、前回記事から読んだ中で印象的だったのは
1)地獄変、邪宗門@芥川龍之介
両編ともさすがに芥川で文章のキレは最高です。
地獄変も良かったですが、ストーリーを盛り上げるだけ盛り上げといて未完に終わってしまった、邪宗門がいかにも残念。
芥川では他に「影」も読みました。
こんな神経症的だったから自殺による未完、なんて結末だったのでしょうね。

2)美しい村@堀辰雄
今さら堀辰雄と言って分かる人がどれだけいるかってことですが、私の若い頃は軽井沢、結核、の二つのポジションで確固たる地位がある人でしたよね。
なんかイメージとして少女漫画的美意識の作家だろうと思っていたんですが、プルースト的だったのにビックリ、ということでした。

3)山羊の歌@中原中也
携帯で持ち歩けるとなんと詩集も読みやすいというね。
詩集だけって1冊の本だと面倒でしょ。
続けて読むの飽きちゃうし。
でも他と一緒に入っていれば、口直しに最適なのが分かりました。
山羊の歌を通して読み切る日が来るとは思わなかった。

他では魯山人のエッセイを二編。ろくろ首@小泉八雲、婚期はずれ、雨@織田作之助、明治開化@安吾捕物帳、少女病@田山花袋(物凄い女好きですね、この人)、恐ろしき通夜@海野十三(熱心に書かれたミステリ)、唖娘スパー@タゴール(ノーベル賞作家の)、小利根の桜@大町桂月、十月の末@宮沢賢治、良夜@饗庭篁村
でした。
最近、すっかり本、買わなくなっちゃった。
スポンサーサイト

Theme : 電子書籍
Genre : 本・雑誌

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。