スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジル・コンフェデ杯2013日本vsイタリア@負けて惜しいと心底思えたレベルに感動

2013-06-20 | 22:35

グループリーグの相手がブラジル、イタリア、メキシコという豪華版の大会になったコンフェデレーションズカップ2013ブラジル大会。
一戦目のブラジルには完敗した日本でしたが、私はまったく責める気になりませんでした。
昨今、世界のサッカーは、スペイン、スペインですが、あの天下のブラジルがWカップ前の前哨戦で、ホームでやるのに弱いはずがない。
きっちり仕上げてくるに決まっています。

案の定、本日行われたイタリア戦で、日本は素晴らしい戦いを行い、その力を世界に知らしめました。
序盤からボールを支配する日本のプレーは、リズムが良く、交換されるパスは美しいメロディを奏でるかのようで、選手全員のハーモニーは完璧。
うん?イタリアの相手はスペインだっけ?という感じ。

天下のコンフェデで、欧州二位のあのイタリア相手にこんな試合が出来るなんて!
昔はセリエAってだけで雲上人扱いだったのに、今や日本が完璧に圧倒しているじゃん!

ま、結果は負けましたが、負けてこんなに惜しいと思ったことはないよ。
ほとんどの時間帯で勝っていたよね。
ひたすら自陣に籠って守り一方、とか、相手の不運でなんとか1点差の負けで済んだ、とか、相手は主力ほとんど出
てなかったって試合じゃない。
イタリアは全力で来ていたけど、日本が上回ったという試合だった。
それでも勝ちきれないのは日本の錬度不足なんだろうし、長い伝統で鍛えに鍛えられたイタリアの強かさなんだろうけど、フェアなプレーと魅せるに足りる技量に溢れた美しい試合なのは確かだった。

その上で、本田、香川、長友辺りが本気で悔しがり、世界の頂点を目指す気持ちでいることが頼もしかった。
悔しさのあまりかほとんどコメントしなかった本田。
「俺の人生なんだから笑われてもイイ。俺は世界一を目指す」と言い切った長友の心意気。
正直、日本は色々な分野で衰えてきているけど、サッカーは、というか、若いスポーツ選手たちだけは、世界の中で戦って成長しているよね。

我々だってやれば出来る。
日本代表はそれを証明し続けている。
彼らは全員素晴らしいし、私は誇って良いと感じている。

Ps
正直、日本代表戦を観るのは苦手。
観ている間心配で苦しくなるし、勝てば良いけど負けると引きずるんだもの。
娯楽のはずなのに、なんでこんなに苦しい思いをしなければならないのか?
その点コンフェデは、親善試合のぬるさもないけど、深刻さも薄く、観戦していてちょうどイイ(笑
スポンサーサイト

Theme : サッカー日本代表
Genre : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。