スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中二病でも恋がしたいⅦ@何度も観たくなる訳は

2013-06-30 | 22:12

「中二病でも恋がしたい」のBD&DVD7巻目は、Web配信されていた短編6本と新作1本の構成です。
届いた日は、ちょうどツマラナイ書類作りをしなければならなかったので、作業中、傍らで掛けていたのですが、どうもイマイチ感があった。
で、その後トレーニング、夕食、風呂となり、観ることもなかったのですが、翌日になるとなんとなくもう一度観てみるかなあ、という気になってPC仕事の傍らで掛けた。

するとオモシロイ。
で、またもう一度となる。
Web配信されていた短編も、レギュラーサイズとなった未発表新作も他愛ないんだけど楽しい。
このアニメの不思議な処は、最初に観た時はそんなに感心しないのに、何度も見たくなることだ。
何故、こう何度も何度も見たくなるか、というと結局、キャラクターが可愛いんだよね。
レギュラー4人がそれぞれ水準が高いうえに、短編二本目の六花の友人、ともちゃんの反応とか、三本目の樟葉ちゃんの慌てるしぐさとか、憧れに目覚めてしまうミカちゃんなど、出て来るキャラクターのほぼ全員が可愛い。
可愛い女の子が可愛くしていると、可愛いなあ、と思えて何度も観たくなるのだ。
これが結局、このアニメの商品価値だ。
要するに京アニというのは、可愛さを造りだす匠。
製品化して大量に売ってくれる工場のような会社なのだ。
大したモノなのは、他の分野の一流ブランド品同様、徹底して品位を保っていることで、絶対に安易なエロに走らない。
エロはなくてもキャラそのモノの愛らしさで勝負します、という矜持を感じる。

ただこの7巻目は正直、買おうかどうか少し迷った。
なんで迷ったか、というと、このアニメのグッツである闇クリアファイルコレクションを高値で買った処、「秘」の一品が幾らなんでもこれはないだろう、というヤツだったから。

私はらき☆すた、ハルヒ、けいおんに続き、この作品も推していて、映画はモチロン、大量のグッツにDVDも全巻揃えている京アニファンだが、あまりにオカシナ商品を売られると嫌気がささないこともない、ということだ。
ちょいとの儲けを阿漕に受け取られ、延々商品を買ってくれるファンを無くすのは馬鹿げた経営戦略だと思うのだ。

スポンサーサイト

Theme : 中二病でも恋がしたい!
Genre : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。