スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の日 梶井基次郎@まさにこれこそ冬の情景

2013-07-20 | 23:10

夏が近づくと上がってくるのが「これぞ夏、という画像ください」というスレッド。
見るとそこにはいかにも夏、という夢のような光景が写っています。
入道雲の浮かんだ青空の下、子供たちが自転車で走る姿。
降るような星空を見上げるタンク・トップの女の子。
澄んだ海の純白の浜辺に立つ無人のビーチパラソル、テーブルの上にはオレンジ色のカクテル
とかね。
でも、こういうお題を上げられて見る者を納得させるのって中々できることじゃない。
何か一つの言葉が表象するイメージを強烈に具現化する、というのはかなり難しいことなのだ。
その点、この短編小説は「冬の日」という言葉がイメージする情景を、非情に巧く描き上げている。
その孤独と寂寞と憂愁の味は極めて上質で、何度も読み返し、味わいたくなる傑作です。
ああ、そうだ。
寂しい、暗い、陰鬱な「冬の日」に吹く風は、かくの如きモノだった。
光の弱さが象徴する命の細さと儚さと、寄る辺なき不安な暗さとは、確かにこんなモノだった、と思わせてくれるのですね。
作者の梶井基次郎は、「檸檬」などの傑作短編を残しながら31歳で夭折するのですが、そんな影がこの作品にはしっかり刻印され、。

驚きなのはこの小説、書かれてからすで100年近く経っているのですが、まったく古びた感じがしない。
未だに新鮮な感慨を読み手に与えてくれるのは何故だろう?と考えるに、作者の姿勢に、ただ美を追求して果てる、という耽美主義の徹底があり、その分、政治やら人生への信条やらの主張がなく、結果、作品に虚雑物がなく、純粋さを保ちやすく、結果、命脈も長いのかもしれない、と思いついた。
美のみ純粋に缶詰にしました、という感じでしょうかね。

で、こんな短編を読もうと思ったのは、実は冒頭に書いた「まとめブログ」に、良い小説を教えてください、というスレッドがあり、紹介されていたからでした。

某巨大掲示板の書き込みのほとんどは、確かに便所の落書きレベルなのでしょうが、ごく稀にでも、素晴らしい画像やら、こんな小説を紹介してくれる辺り、巨大資本の造りだすバラエティよりインテリジェンス、あるよね。

ps
読み進めている青空文庫シリーズですが、前回からの読了本では、他に、
城のある町にて@梶井基次郎、聖アレキセイ寺院の惨劇@小栗虫太郎、利根の尺鮎@佐藤垢石、スペードの女王@プーシキン、妖物アンブローズ・ビアーズでした。
著名作家のモノであっても、世界怪談名作集はイマイチの印象。
聖アレキセイにも感心しなかった。結局、今回の青空文庫シリーズは梶井基次郎に始まり終わった感じ。ホラーは今の方が良いものが出ていると思う。
スポンサーサイト

Theme : 本の紹介
Genre : 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。