スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013夏アニメ中途概括&購入グッツ@大丈夫、イリヤちゃんがいれば生きていける

2013-08-07 | 22:34

7年前、綾波レイで突如目覚めた私の萌え文化。
最近でもまどかやほむらなど、魅力的なキャラクターは続々と登場しているのですが、およそ可愛い、という点で傑出していたのが3年前に放送終了してしまったしゅごキャラの日奈森あむちゃん。

あむちゃんに匹敵する可愛いキャラクターはなかなか登場しなかった。
それはあまりに傑出したスポーツ選手が引退した後、しばしの空白が生じるが如しさ、と思っていたらついに出ました可愛らしさのチャンピオン。
その名はイリヤスフィール・フォン・アインツベルン@Fate/kaleid liner

見た目が可愛いだけでなく、少し気弱な性格から華麗かつとぼけたアクション、口調までみんな可愛い。
これだけ全方位的にお洒落な可愛さパワーを身に着けているキャラクターは類稀である。
大丈夫。
ツライことがあってもイリヤちゃんがいれば生きていける、というレベル。
こうなると諸々買いまくりで、特典(アニメイトのとワンダーグーのと両方)欲しさに原作漫画も購入。
アニメのBDは予約済で、OP.ED曲のCDも購入。
まだ届いてないけど、クルマに落とす日が楽しみです。
オリジナルBDが付くドライ!4巻も予約済。
ポスターなどが付く娘typeやらの雑誌まで購入。
消費パワーを上げているよな。
ま、この夏は3年ぶりの可愛さチャンピン、イリヤちゃんが軸であることは決定的ですね。

その他、今期の夏アニメでは〈物語シリーズセカンドシーズン〉の充実ぶりは特筆すべきレベルになるだろう。
新房昭之+シャフト+西尾維新の才気は縦横無尽でとどまることを知らず。
今の処、Cool Japanのメイン・ストリームだよね。
ミルキィはなんだか子供向けアニメになってしまった印象で、時に品がなさすぎると感じていた悪ノリがなくなったのは良いのだが、全体のエネルギーまで低下してしまった感じで微妙。
でも特製ケーキは予約した。

たまゆら~もあぐれっしぶ~は、とりあえず竹達彩奈の声を聴いている。
クリアファイルは通販で購入済み。
配送料が高かったけど、なかなか可愛いです。

わたモテは原作のファンだったので笑いながら観ている。
「この感覚、分かるんだよなあ」と言ったら長女に「え、あれが分かるの」と驚かれてしまった。そうなんだよ。
父の青春はあんなモノだったのでした。

ローゼンメイデンは、めぐの退廃ぶりでやっと芽が出て来た。
このアニメ、登場時は、美しきアンティックドールたちが究極の少女アリスを目指してバトルロイヤルを繰り広げるというコンセプトで、非常に鮮烈な印象だったのだけれど、最近はどうも停滞の感、免れなかったのだ。

きんいろモザイクは一話で切っていたのだが、評判が良いので復活させた。
緩さが魅力なんですね。
疲れている時に見るには良いアニメで、DVDは買わないが、レンタルはするだろう。

ロウきゅーぶは時にあざとさが過ぎる事、相変わらずだが新キャラの活躍に期待したい。
好きだったビビットレッド・オペレーションの再放送も一応見ている。
このアニメは脚本が叩かれているが、製作者の意図としては、あえてアホに徹した訳ですよね。
「細けえことはイイんだよ」という割り切りがもたらすフィクションのエネルギー、個人的には好きです。


ps
電磁砲への記事、飛ばしていたのでpsします。
昨日書きながら、何か忘れているなとは思っていたんだよね(笑
こんな大物を書き逃していたなんて、やっぱり今期はイリヤちゃんインパクトがデカイんだな。

さて電磁砲は禁書に比較するとキャラクターの魅力を生かした軽いエピソードが多かったアニメですが、今期は始まってからシスターズの話で、ヘヴィーな展開でした。
乗り越えなければならない壁だと思いつつ、もうちょっと気軽に楽しみたいという思いもありましたね。
やっと一段落して私一押しの初春飾利ちゃんの出番も多くなりそうで、これから楽しみです。
初春ちゃんは、もうちょっとスカートが短くなると文句ないんだけどね。
長いスカートの持つ見た目の重さは、現実の呪縛を振り切った軽やかなアニメの世界には合わない気がするんだ。

スポンサーサイト

Theme : アニメ・感想
Genre : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。