スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鳥遊六花・改 劇場版中二病でも恋がしたい@観て来た顛末諸々報告

2013-09-15 | 00:25

森夏のクリアファイル目当てで前売り券まで買ってあった「小鳥遊六花・改 劇場版中二病でも恋がしたい」
本日いよいよ公開日で、仕事終了後、観に行って来ました。

こんな戯けた事が出来る週末の幸せをしみじみと噛みしつつシネコンに付いてから、まずは前売りで席を取る。
今日も仕事をしながら席の予約状況を見ていたのですが、なくなる、というほどではなかったので、安心でした。
普通の前売り券だとネット予約出来ないのが困るよね。
その後、近場で夕食。
後に仇になることも知らずにビールも飲んじゃう。
シネコンに戻ってオリジナルポップコーンセット+ドリンク付も購入。
ミニクリアファイルも手に入れる。

くつろいでいると、会場の一角に異様なほど人だかりがしているのが目に付いた。
なんだろと思ったら「小鳥遊六花・改」の記念グッツ売り場で、人の集団が飴にたかる蟻のようでとても踏み込めるような状況ではない。
売り場の前に行くまでが長い列で、その後、会計までの列も長い。
いつも思うんだけど、アニメ映画ってグッツの売れ方がナンパじゃないよね。

で、映画ですが、アバンの小エピソードが新作撮り下ろし。
中間のほとんどがアニメ総集編で、最後に二期への新作エピソードが入ります。
新作部分は良かったですが、アニメ総集編の部分は劇場サイズの画面で見ると、あれこんなモノだったの?感もあった。
まどマギは同じに見えても撮りなおした、と聴いてなんか無駄だな、と思ったんですが、意味が分かりました。
いくらBDだ4Kだって威張っても、劇場サイズのスクリーンが要求するレベルって全く違うんだよ。
その上、ビールが効いてきたのか、総集編の進行途中でうとうとしてしまう。
でも好きな世界と接しながらのうたた寝も悪くはない体験です。
六花と勇太の砂浜シーンでやっと目も冴えて来たんだけど、このアニメの持つ優しい感触はやっぱり心地イイ。

鑑賞後は速攻で劇場を出てグッツ売り場に急行。
映画のパンフレット、クリアファイルとステッカーセット、森夏とくみんのピンズ、森夏のプレミアムチャームでお会計4500円位。
オリジナルポップコーンセットも買っていたから、この日はチケット以外で5000円オーバーのお買い物だ。

後はペットボトルカバーが欲しかったのだが、すでになかった。
森夏が入っている五彩織タオルBは迷ったのだが、今パンフ見て買うことにした。それだとさらに7000円近くかかるが、全部日本アニメ界へのお布施である。
最低もう1回は行く(今度は寝ないように)と思うので、その時に買います。
スポンサーサイト

Theme : 中二病でも恋がしたい!
Genre : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。