スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャングリラホテル宿泊レポート@おお、こういう方々いるんだという話付

2013-09-25 | 22:59

一休経由で久々のホテル滞在。
今回はココ。
場所は東京駅八重洲北口からすぐでロケーションは満点ですね。
エントランスからエレベーターでずっと上がってロビーという形式も、今やお馴染み。
そうなるとエントランスから上がったエレベーターのドアが開いた瞬間が最初の勝負処なんですが、無難にまとめていたのではないでしょうか。

部屋は34階でスカイツリーの見えるデラックス・ツイン。
眺望は抜群で、部屋も充分以上に素晴らしいんですが、最近泊まったホテルというと、シギラベイサイドスィートアラマンダーとかだったので、なんかに広さが少し物足りない。
物足りなくしないためにはスィートを取る他ないでしょうね。

完璧な室内は、ただ電燈が少し暗く、ホテルではともかく本を読みまくる私にはちょっとツライ環境なのが玉に傷。
テレビの音量もセーブされていて、夜に放映されていた「神の数式」は一部聴き取り難かったです。

夕方に到着してから資料読みしていたのですが、飽きたのでスパ&トレーニング・ルームがある29階へ。
扉が開くとホテルに漂っていた独特の香りが一段と強くなっていて、ここが特別な階である、という主張が届きます。
私が体験した範囲では、この香りで主張するという方式、リッツ・カールトンからでしたが、今後は広がるんだろうな。
トレーニング・ルームは、パークハイやリッツカールトンに比べる狭いですが、器具は上等で、プレス系、ラット系、アブドミナル、レッグプレスと充分でした。

目の前がプールなんでずが、泳げないのでリクラニングチェアに寝そべって読書。
疲れが癒えた処でまた少しトレーニングして、ホントはバイクやルームランナーなどエアロビック系のトレーニングもやりたかったのですが、食事の予約時間が迫っていたので、ウエイト系のみで終了。
充分以上に及第点でした。

食事から帰ってスパCHI「気」の方でなく、普通の風呂&サウナの方に。
他に客がいなくて、独占状態でした。
夕方、私がトレーニングしていた時は結構、お客さん、いたんだけどね。
設備自体は、ここもパークハイの小型版ってとこでした。

さて、話はトレーニングを終えて部屋に帰り、着替えて食事に行く時なんですが、エレベーターに乗ろうと歩き出した処、ホール対面の廊下からスラリとした若い女性が歩いて来た。ファッショナブルな綺麗な方です。
その後から中年後期の男性が歩いて来てエレベーターで一緒になった。
3人に、なんとなく漂う緊張感。
そっと見比べると面長の女性に四角い顔の男性と、どうも似てない。
親子ではないのではないか(笑

緊張状態の中、28階でエレベーターを乗り換えてエントランスに出たのですが、そこで私は立ち止まってスマホからグーグルマップを起動。
東京駅を迂回する通路を探したのですが、そんなことをしている間に二人はそれぞれ歩きだして、私がグーグルマップの案内を頼りに歩き出した時、見ました。私から距離が取れた二人が腕をからみ合わせた瞬間を。
リッツ・カールトンにもいたけどな。
なんだかスリルがありました。

でもホントにこういう人々っているのね。
「小鳥遊六花改 中二病でも恋がしたい」なんて観に行って特典もらっている場合じゃない。
スポンサーサイト

Theme : 高級ホテル
Genre : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。