スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルシェ・ドライビング・スクール warm up に参加しました

2013-10-06 | 20:46

やっぱり公道だけじゃツマラナイということで、ポルシェ社主催のドライビング・スクールに行って来ました。
半日のコースなんで、ちょっと走り足りない感じもあるんですが、非常に勉強になりました。
開講式からまずは校長の清水先生のお言葉。
「すべての事故は前方不注意にある。前をから目をそらすな。気持ちも前から離すな」ということ。
当たり前って言えば当たり前なんでけど、ホントにその通りだと思うよ。

ここから班に分けられて三つの実技講習
1)急制動・緊急回避 
講師は美人レーサーとして有名な佐藤久美先生。
スタイル抜群の女性講師ですが、やっていることは凄くて、雨の中を80キロまで急加速してからABSが効くまでフル・ブレーキング。
ABSを一瞬で効かせるようになる救急制動の訓練です。
私、これは出来るんです。
ホントはヤバい、と思うようなことにならないのが一番なんですが、そういう事態になったらブレーキは踏み抜く。
訓練してないと怖くて躊躇してしまう処ですが、私は出来る、でOK.

でも次が難題だ。
二番目のテーマは80キロまで急加速した後、急制動、さらにステアリングを切って真正面のパイロンを回避する。
佐藤先生のポルシェに同乗してこれをやられた時は怖かったよ(笑
一瞬でABSを立ち上げる急制動は出来ても、急制動しながらステアリング回避となると怖い!
言われるまでもなくABSはタイヤのロックを防ぎ制動距離を最低限にするとともに、ロックしてない分ハンドルも効くよ、ということが売りだった。
だから急制動とステアリング回避が同時に出来るはずなんですが、やれって言われると怖い!
急ブレーキ、ロックしてハンドル切ってガードレールへ全損、大事故というイメージが抜けない。
初めはおっかなくて制動開始が早すぎたり、ステアリング操作が足りなかったり。
なんとか慣れて来ても佐藤講師からは、ブレーキへの踏みかえが遅い、とかABSの立ち上げが悪いとか、指摘されて、確かに言われてみると、ああ、その通りだな、と納得するアドバイス続々。
だんだん改善していって、最後に言われたのが、「避けるべきパイロンを見つめるのでなく、避けて行きたい方向を見なさいという」アドバイスでなんとか出来るようになりました。
こんな技術は使わないで済むのが一番だけど、使わないとダメな状況になったら、講習前より巧く出来るようになったと思う。
非常に良い講習でした。


2)定常円旋回
講師は若手レーサーの脇坂薫一先生
散水されたコースで一定周回しながら、最初はアクセルを踏んでいってサンダーステアを出す。
次は一気にアクセルを開けてオーバーステアからスピンさせる、が課題です。
アンダーステアは簡単そう。
実際、簡単なんですが、今回は1速固定でトルクが出ている状態でやるので、アクセルワークとステア特性の関連が非常に体感しやすかったのが収穫。
オーバーステアの方は、ドシャンと一気にクルマが回るので、見ている時と同乗走行ではビックリさせられますが、やってみればさすがミッドシップ。
簡単にテールが出てスピン出来ます。

問題はテールを出した状態を持続させる、いわゆるドリフト状態を維持させることですが、メチャクチャ難しい。
コレ、フロントエンジン車だったら、許容範囲が広くて少しは簡単なんではと思います。
ポルシェでももう少し速度を出して二速固定でトルク変動が少なければやりやすいのではないか、と推測してますが、それはG-forceトレーニングってことですね。


3)スラローム
スラロームはつまる処、ステアリングとアクセレーションのリズムですね。
なんて分かったことを書いてますが、実際にやってみるとなかなか合わない。
パイロンをギリギリに通過したい、とかもっとリズム良くなんて考えた挙句、2速固定はマニュアルでやった方がイイかな、なんて思って固定にしたら1速のままになってしまってヨレヨレになったり・・・普段、いかに緊張感なく乗っているかってことでした。
講習が終了して帰り際に走った時は一番リズム良く走れた(笑

ステアリングを切る時にアクセルを戻す。
向きが変わったらアクセルon。これの繰り返し。
分かってんでだけど、やると中々出来ない。
何回も何回もやるしかないな。
スポーツドライブも最後は慣れだな。

総評
今回の講習はホスピタリティスペースも綺麗で、なによりポルシェ社のスタッフたちが完璧に進行、誘導してくれて、たくさんのクルマが随分危ないことしてんだけど、一切の不安なし。
非常に良い講習会でした。

スポンサーサイト

Theme : ポルシェ
Genre : 車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。