スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどかマギカはここが凄い@まどかの召喚は何時か?その試練の独創性

2013-10-13 | 21:02

全ての物語には原型があり、文法が存在する。
神話学者のジョゼフ・キャンベルやプロップの論理ですが、魔法少女まどかマギカはその構造を追っていくと、異常なまでの独創性が明らかになってきます。

まず「神話的原型を持つ物語」は最初に主人公が召喚される処から始まる、とされます。
シェイクスピアにも負けない梶原悲劇の一大傑作である「あしたのジョー」なら不良のジョーのパンチに丹下段平が惚れる処ですね。
エヴァンゲリオンなら、シンジ君がヱヴァの前に立たされる処です。
まさに主人公たちの旅(物語)はそこから始まるわけです。

ではまどかは何時召喚されたのか?
言う間でもなく、キュウべえに「僕と契約して、魔法少女になってよ」と言われた時ですね・・・ではないですよね。
これだけ露骨な召喚呪文が唱えられるのに、まどかは結局、最後までキュウべえの召喚には乗らなかった。(アルティメットまどかになった時は、自分からキュウべえに言ってました。召喚されるという受動ではなく、能動的に利用した、道具にした、ということです)
むしろ中盤以降は、いかにキュウべえの召喚に乗らないか、が物語の核となっていた。
ではまどかは召喚されなかったのか?
されてました。
それはアニメ冒頭のほむらがワルプルギスの魔女相手に苦闘するシーンです。
あのシーンは繰り返され、最後の最後、まどか旅立ちの決め手となります。

さらに「神話的原型を持つ物語」では主人公は試練に会う、とされます。
これはもうフィクションとして当たり前過ぎてチェックする気にもならない常識ですね。
巨人の星なら大リーグボールを編み出しての花形、左門との対決。
ジョーにも多くの対戦相手がいましたし、シンジ君も使徒たちには煮られたり焼かれたり大変だった。
でもまどかって何かされてましたでしょうか?
確かに苦しみ悲しんでいましたが、「メインとなる時間軸」のまどかは、最後の最後まで、一切、直接的に傷つけられることはなかった。
それでもその苦しみが伝わってきたのは、まどかが友達の嘆きや悲しみを自らのこととして受け止めていたからです。
直接の苦しみ、苦労でなく、友人の苦しみ哀しみを我が事のように受け取って試練とする。
こんな話、普通にあったら臭みが強すぎて観てられないんですが、このアニメでは実にビビットに、見事に描ききっていました。
こういう点がフィクションの歴史すら改変する、モンスター級の傑作たる由縁なんです。
スポンサーサイト

Theme : 魔法少女まどか★マギカ
Genre : アニメ・コミック

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。