スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叛逆の物語魔法少女まどかマギカ@ローソンキャンペーン一番の商品&映画の内容について少し触れます

2013-10-30 | 22:04

土曜、日曜と待望のまどマギ新作「叛逆の物語」を観た後も、仕事をしながら、また観たいなあ、とひたすら思いはつのりました。
しようがないので、携帯で予告編の動画なんて観てしのいでいる。
水曜休みなんで、火曜の夜にまた行こうかなあ、と思うのですが、ダメです。
なんとなれば火曜はローソンキャンペーン参戦だからです。
仕事終了後、ローソン巡ってさらに映画っては無理。
なんで、火曜はローソンに集中。
結局、手近な店ではなくて、ここはある、という遠目のお店にGo!
ほとんど手に入ったのですが、商品ごとの感想は、
1)ARタブレットはオモシロイ!
アイデアですよね。楽しいです。
2)綿あめは案外美味い
まったく期待してない分、気に入りました。
今日も図書館からの帰りに追加で買った。
ソーダ味ってのが良かったと思う。
消化がいい分、夜食にイイよね、綿あめはさ(笑
3)ハグぬいぐるみがスゴイ可愛い
買う時ちょっと恥ずかしかったし、一目、出来もイイとは思わなかったんですが、家に帰って箱から出
してつくづく良く見てみると、まどかに思いっきり抱き着いているほむらがちょっと泣き顔に見えて切なくて可愛いです。
ぬいぐるみをいじりながら「まどかあ」とほむらの声色で行っていると妻が引いてます。
まどかのリボンの感触もイイ。
男だとああいうリボンの手触りってわかんないんだよね。

売ってモノは全種類買って、お会計は5000円超。クリアファイルは11枚。
でもファイスタオルとBOXティッシュ、ペンケース、ハート型缶がない・・・
どこの店に置いてあんだよ。
まあどっちにしろもうないんだろうけどな。
前にも書いたけど、ローソンはこういう情報、ネットで分かるようにしてくれ。
店から店にそうそう回れないよ。

映画は行くかどうか迷ったんだけど、休日の用事は全部済ませて、本日昼間3回目の鑑賞。
客は20人弱だったかな。
空いているのはやっぱりイイよね。
正式な感想はまたいずれ書くことにして、思ったことの徒然は
1)圧倒的な映像美
マミさんとほむらの戦闘シーンが凄いと話題ですが、美術好きの私としてはほむらと杏子が乗るバスのシーンに感銘を受けました。
バスが走り出してすぐ杏子を下からあおって撮ったシーンで、背後に巨大な橋梁が出て来るシーンとか、アートっぽいよね。
神秘主義とか象徴派とかロマン派みたいな構図。
当然、話が怖くなってからのバス映像も、ホラー風味の、極めて高い映像センスに満ちて素晴らしく美しい。

2)話は非常に整理されている。ただ情報量がムチャクチャに多いのだ
一度だけだと分からないという感想が多かったですが、一度でも大筋は分かるよね。
ただなんとなく置いて行かれた気になってしまうのは、詰め込まれた情報量が非常に多く、まったく無駄なシーンがないからだ。
3回観て感じたことは、脚本の虚淵さん、監督の新房さん共に、非常に懇切丁寧に分かりやすさを念頭に置いて造っている。
それでもなおかつ、一度では消化不良となる密度だったのだ。

3)アクロイド殺しのなんと見事な翻案か
探偵が犯人だった。
話作りにおいて「落差の原理」「加速度の法則」を重要視する虚淵玄ならこうだよね。
そう思えば「叛逆」という題名で、今回の結末に思いいたるべきだったのだ。
それにしても「私は魔法少女ですらなかったの」
このセリフの衝撃度!
さすが悪魔の申し子虚淵玄としか言いようがない。
これも食卓で声色をやっていると妻が引いてます。

今週末はたぶん、次女と行きます。
スポンサーサイト

Theme : 魔法少女まどか☆マギカ
Genre : アニメ・コミック

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。