スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定秘密保護法@反対勢力の作品には、絶対お金を使わない

2013-12-12 | 21:36

公務員や政治家が国防上秘匿の必要がある情報を漏らしてはいけない。
私にはこんな当たり前の法案に、反対の大キャンペーンを張るマスコミや文化人たちが理解出来ません。
民主党は政権政党であった3年間に、相当以上の漏えいをやらかし、マスコミがまったく取り上げなかった強行採決である公務員制度改革法案では事務次官の外部起用、国籍も不問にして、それじゃあんまりだ、ということからこの法案も導入が急がれたという事情など、まったく斟酌されてないようです。

ともかく日本を危ない状態にしておきたい。
日本は幾ら殴られても黙って死ぬまで殴られ続けろ、という事を社是とする朝日、毎日両新聞が大反対の論陣を張るのは予想出来たんですが、飽きれたのは日経で、なんと株や為替の市況面の囲み記事にまで、秘密保護法は自由な空気を疎外し、アベノミクスを頓挫させるなんて書いてあった。
ヴェリタスにもしっかり書いてある。
こういうのを読まされると、日経も中の人は朝日新聞や毎日新聞と変わらんメンタリティなんだな、と納得し、やはり今後のおつき合いは考えさせてもらおうと思うよね。
市況情報なら、もはやインターネット上に溢れているので充分だもの。

さらに呆れたのは学者と文化人3000人だかの反対声明。
定番の大江やら坂本龍一、村上龍に内田樹辺りの反対は予想の範囲内でしたが、益川センセイまでが反対ってのにはガッカリした。

さすがあれだけ反日情報捏造中の朝日新聞が、毎日800万部売れるだけの国ではある。
ネット上では今回の反対運動の主役は朝鮮系の人間だ、という論調も強いですが、毎日新聞が340万部売れ続け、フジテレビにCMが入り続けるんだから、平均的日本人には、今の国の状態に危機感なんてないよね。
日本人ってホントにダメなんだなと思いますね。
日本人は、確かにその歴史の中で卓越した業績を残してきた。
その優れた知性と感性。
類稀な想像力と高い民度。
これほどの実績を残した国民って、ホントいないですよ。
でもことサバイバルする上での危機感のなさ、というか平和ボケぶりは救い難い。
日本の生んだ極めて優れた作品、エヴァンゲリオンにはこんなセリフがある。
「生き残るのは、生きる意思を持った者だけだ」
今日も明日も朝日新聞は配達され続け、月末には購読料金が払い込まれ、NHKにはロクな抗議が行ってないから、報道しない自由を謳歌出来る。
毎日や朝日新聞取っている日本人って、生き残ろうとする意思があるんでしょうかね?

だからせめて私は反日を社是とする会社には一切の金を支払わないことを決めました。
とりあえずジブリですね。
かつては感動する映画、たくさん撮ってくれたのですが、今回も騒ぎの中心になっていたようで、もうイイです。
一切見ないし、それで痛痒も感じない。
私は本を読み、映画も観て、音楽も聴き、絵も観る人間ですが、国があってこその文化芸術鑑賞なんで、自分の国の危うさを何がなんでも見過ごせと言い張る人間の作品は観たくないよ。

展覧会に行けばグッツを買いまくり、本屋では本を、CDも買えばコンサートにも行くし、映画はBDも買う文化面では結構気前のイイ客なんですが、反日活動をする人間には絶対に金は使わない。
朝日毎日新聞が置いてある会社とは、なるべく取引はしない。

この処、将棋の記事を書いてないですが、実は将棋に冷めるきっかけは、椿山荘に名人戦を観に行った時、離れのレストランに入ったら、広々とした待合室にズラッと置かれていた新聞が朝日、毎日両新聞。
悪夢的情景で忘れられないのですが、なるほど、名人戦って、両新聞社の主催だったよね(苦笑
将棋の棋士は、日本的美意識の持ち主の方が多く、こんなこと言われても困惑するだけだと思うのですが、もうそれほどの嫌悪感があるんだよ。

私はこの法案の可決は安倍内閣の顕著な実勢の一つだと思うので、これで支持率が下がるようなら、私自身が日本を見限る。
「生き残るのは、生きる意志を持った者だけです」
自分の国の安全を守ろうとしないなら、そんな民族にまっているのは隷属か滅亡のどちらかでしょう。
スポンサーサイト

Theme : 政治のニュース
Genre : ニュース

Comment

Re: No title

> 私は機会があったら風立ちぬとかぐや姫も見てみたいなとは思うのですがその時はあまり期待しすぎない程度の気楽な気分で見たほうがよさそうですね。
私はテレビ放映を待ちたいと思ってます(笑

> 確かにクリエイターの方は普通自分の思想を作品を通して表現することを好みますよね。古今東西様々な芸術家や映画監督などがいましたがたいていの人はやはり作品内に自分の思想を出していると思います。
> そんな中、作品を通じても本人の口からも政治的思想が見えてこない庵野監督はそういうものには興味が無いのでしょうね。
芸術家の中には、政治信条を全く持たず、ただひたすら自分の美を追求する、耽美派という一派があります。
庵野さんのメンタリティは、そういう人々と近いと思います。

> ある程度年齢を重ねてから政治に感心を向ける方もいらっしゃいますから庵野監督も今後60、70と歳を重ねるとまた少し変わってくるかもしれません。
それは神のみぞ知る、でしょうね。

  • 2013-12-19 | 18:46 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit
No title

>ああ、私と同じです。
まるっきり物足りなかったです

ああ、晴薫さんもそう思われましたか、気が合いますね。
まあでもあの内容だとそういう感想になってしまっても致し方ないですよ、多分他にも同様の印象を抱いた方は結構いると思います。

私は機会があったら風立ちぬとかぐや姫も見てみたいなとは思うのですがその時はあまり期待しすぎない程度の気楽な気分で見たほうがよさそうですね。

>おっしゃる通り、本人に聞くまでは分からないですが、もしあったらこれだけ長く表に出ないというのは、考えられないと思います。

確かにクリエイターの方は普通自分の思想を作品を通して表現することを好みますよね。古今東西様々な芸術家や映画監督などがいましたがたいていの人はやはり作品内に自分の思想を出していると思います。

そんな中、作品を通じても本人の口からも政治的思想が見えてこない庵野監督はそういうものには興味が無いのでしょうね。

ただ、人によってはある程度年齢を重ねてから政治に感心を向ける方もいらっしゃいますから庵野監督も今後60、70と歳を重ねるとまた少し変わってくるかもしれません。

  • 2013-12-18 | 18:21 |
  • 影月 URL :
  • edit
Re: No title

> 私が最後に見たジブリ作品は借りぐらしのアリエッティだったと思うのですがかつてのジブリ作品に比べて全体的に話のスケールが小さく、ヤマ場もやや盛り上がりに欠けているように感じました。
> 特に終盤は昔のジブリ作品だったらここでもう一つくらい何か盛り上げるための要素を入れただろうなと思える場面で特にイベントもなくあっさりと終わってしまったので全体的に消化不良と言ったところでしょうか。
ああ、私と同じです。
まるっきり物足りなかったです。

> 庵野監督が主演を務める風立ちぬやかぐや姫の物語は見ていないのでなんとも言えないのですが過去作に比べるとやはり評判は落ちているようですしジブリ自体もう限界が来ているのかもしれません。
新鮮さというか、フレッシュな驚きがないですよね。

> どうでしょう、庵野監督はやはり政治的思想には無関心な方なのでしょうか?
あんまり関心はない方だと思います。

> 宮崎監督が左寄りの思想になったのはご自身の体験や時代的なものも強く影響していると思うのですが庵野監督は宮崎監督とは世代的に大きく異なりますしどちらかというと我々に近い価値観の世代だと思います。
私も同感ですね。
そんな感じがします。

> これはやはりそういう思想を持ってないということなのか、それとも思想はあるがそれを表に出していないだけなのか
そういう思想がないような気がしますけどね。
おっしゃる通り、本人に聞くまでは分からないですが、もしあったらこれだけ長く表に出ないというのは、考えられないと思います。

  • 2013-12-17 | 18:44 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit
No title

晴薫さんお返事有り難うございます。

>正直、ジブリは以前の作品、ナウシカや千と千尋は最高だと思えるのですが、最近の作品は、観に行ってもあまり好みでなく、見なくてもイイかなあという事もあるんですよね

ジブリ作品は明らかに昔のほうが質は高かったですよね。
私が最後に見たジブリ作品は借りぐらしのアリエッティだったと思うのですがかつてのジブリ作品に比べて全体的に話のスケールが小さく、ヤマ場もやや盛り上がりに欠けているように感じました。

特に終盤は昔のジブリ作品だったらここでもう一つくらい何か盛り上げるための要素を入れただろうなと思える場面で特にイベントもなくあっさりと終わってしまったので全体的に消化不良と言ったところでしょうか。
時代の変化というのもあるのでしょうが全体的に作品の世界観がこじんまりしすぎてしまった結果こういう形になってしまったんでしょうね。

庵野監督が主演を務める風立ちぬやかぐや姫の物語は見ていないのでなんとも言えないのですが過去作に比べるとやはり評判は落ちているようですしジブリ自体もう限界が来ているのかもしれません。


>庵野さんが関心を持っている事って、ひたすらオタクのことだけ、という気がします。
庵野監督はまさに絵に描いたようなステレオタイプのオタクがそのまんまプロのアニメ監督になったような人ですよね。
ある意味全オタクの憧れとも言えるものを実現できた人だと思います。

どうでしょう、庵野監督はやはり政治的思想には無関心な方なのでしょうか?

宮崎監督が左寄りの思想になったのはご自身の体験や時代的なものも強く影響していると思うのですが庵野監督は宮崎監督とは世代的に大きく異なりますしどちらかというと我々に近い価値観の世代だと思います。

そんな中で庵野監督がどのような思想を持っているかは個人的に結構気になるんですが庵野監督の作品って本当にそういう政治的な思想が出てこないですよね。

宮崎監督にしろガンダムの富野監督にしろ特定の思想を持っている方はやはり作品内にそれが現れてくるものなんですが庵野監督にはそれがない。これはやはりそういう思想を持ってないということなのか、それとも思想はあるがそれを表に出していないだけなのか、まあこれは本人に直接聞こうとでもしない限り分からないのですがここまでそういうものを感じることができないクリエイターというのも珍しいのではないでしょうか?

  • 2013-12-15 | 21:27 |
  • 影月 URL :
  • edit
Re: No title

> どうも影月です。
こんばんは。

> 以前は車の記事に対するコメントへのお返事等ありがとうございました。
こちらこそ、貴重な情報を戴きありがたっかたです。

> 晴薫さんは今後一切ジブリ作品にお金を出さないとする一方、エヴァを高く評価していらっしゃいますが、エヴァの庵野監督はジブリその中でも特に宮崎駿監督と昔から深い仲ですよね。
> この辺を晴薫さんはどのようにお考えでしょうか?
> 私的には庵野監督からは特定の政治的思想は感じたことがないのですが宮崎監督との関係を考慮すると庵野監督も宮崎監督と同様の価値観を持っていてもおかしくはないと思うのですが。
おお、これは私が思いもしなかった観点ですね。
言われてみれば確かにそうかもしれません。
でもそういう表明をしてない以上、庵野さんの作品は購入すると思いますし、エヴァの次の作品も観に行きますよ。
正直、ジブリは以前の作品、ナウシカや千と千尋は最高だと思えるのですが、最近の作品は、観に行ってもあまり好みでなく、見なくてもイイかなあという事もあるんですよね(笑

> あれほど親密な付き合いがあるところを見るに政治的思想が大きく異なるとは思えません。
そうかもしれませんが、お付き合いはあくまでアニメ関連だけかもしれませんよ。

> まあただ庵野監督はあまり政治的立場を表明することのない人ですのでもしかしたら政治面での付き合いはないのかもしれませんが。
はい。私もそう思います。
庵野さんが関心を持っている事って、ひたすらオタクのことだけ、という気がします。

  • 2013-12-15 | 19:57 |
  • 晴薫(はるく) URL :
  • edit
No title

どうも影月です。
以前は車の記事に対するコメントへのお返事等ありがとうございました。

さて今回は記事の中で一つ疑問があったので質問させていただきます。

晴薫さんは今後一切ジブリ作品にお金を出さないとする一方、エヴァを高く評価していらっしゃいますが、エヴァの庵野監督はジブリその中でも特に宮崎駿監督と昔から深い仲ですよね。

この辺を晴薫さんはどのようにお考えでしょうか?
私的には庵野監督からは特定の政治的思想は感じたことがないのですが宮崎監督との関係を考慮すると庵野監督も宮崎監督と同様の価値観を持っていてもおかしくはないと思うのですが。

あれほど親密な付き合いがあるところを見るに政治的思想が大きく異なるとは思えません。

まあただ庵野監督はあまり政治的立場を表明することのない人ですのでもしかしたら政治面での付き合いはないのかもしれませんが。

またこの辺に関するお返事等頂けたら幸いです。

  • 2013-12-15 | 01:59 |
  • 影月 URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。