スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどか☆マギカはセリフが凄い@希望があるから人は戦う

2013-12-15 | 21:25

昨夜、仕事を終えた後、久々に叛逆の物語8回目を鑑賞に行った処、満席で入場出来なかったのには驚かされました。
特典があったから満席になった、と解釈するのは簡単ですが、たかがオマケで劇場が満席になるのは、やはりこの映画の内容が凄いという証拠でしょう。

さて本日のまどかマギカはココが凄いは、昨日再放送された11話のまどかとキュウべえのセリフから考える人の一生です。

11話の後半、ワルプルギスの夜が襲来して、大嵐となった空を見ながらまどかはキュウべえにこう問いかけます。
「どうしてそうまでして戦うの?」
「彼女がまだ、希望を求めているからさ」

深い余韻のあるセリフだと思います。
我々もまた人生という勝負を戦ってますもんね。
そこでは同じ問いかけがなされています。
「なぜそうまでして働くの?」
「まだ希望を求めているからさ」とね。
確かに我々の相手は「ワルプルギスの夜」ではないけれど、厳しい「現実という名の魔女」と戦い、なんとかグリーフシードを獲得しないと生きていけない。
何故戦う(毎日職場に行くのか)のか?
希望を求めているからです。
毎日毎日大変でも、続けて行けば、何かイイ事があるかもしれない。
というか、行かなければ明日(希望)は見えてこない。
さあ、しっかりやろうという気にもなる。

でもこのアニメが怖いのは以下のようにセリフが続くことです。
「希望を持つ限り、救われないって言うの?」
「いざとなれば、この時間軸もまた無為にして、ほむらは戦い続けるだろう」
「何度でも性懲りもなく、この無意味な連鎖を繰り返すんだろうね」
「最早今の彼女にとって、立ち止まることと、諦めることは同義だ」
「何もかもが無駄だった、と――決してまどかの運命を変えられないと確信したその瞬間に、暁美ほむらは絶望に負けて、グリーフシードへと変わるだろう」
「彼女自身も分かってるんだ」
「だから選択肢なんてない」
「勝ち目のあるなしにかかわらず、ほむらは戦うしかないんだよ」
「そうさ」
「過去の全ての魔法少女たちと同じだよ」
「まどか、君だって一緒に見たただろう?」
・・・苦笑
おっかない事をサラッとおっしゃるキュウべえさんですが、こんな魔法少女だ、魔女の結界だ、なんて浮世離れしたアニメについつい真剣になってしまうのは、我々の人生と呼応する手触りがあるからです。
だから心に響き、感動するんですよね。

「希望を抱くのが間違いだなんて言われたら、私、そんなのは違うって、何度でもそう言い返せます。きっといつまでも言い張れます@12話まどか神」
うん、素晴らしい結論だ。


スポンサーサイト

Theme : 魔法少女まどか★マギカ
Genre : アニメ・コミック

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。