スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1分間エコノミクス JCプール、RMラロー@時代を感じるのもまた一興

2014-01-07 | 22:12

題名通り、マクロ及びミクロ経済学の要点を、若者と教授の対話形式にまとめて一項目当り1分で説明します、という本です。
実際に分かりやすいのは確かなんですが、いかんせん古い本なんで、「投資は金利に依存する。実際の処、すべては金利に依存している」なんて箇所を読むとつくづく経済学って変わるよね、感慨も新たです。
それでも「マクロ経済学とは、失業とインフレのトレードオフを研究する学問」とか、経済政策は、「財政(課税と政府支出)を行う政府と金融調整(金利と通貨供給量)を実行する中銀によってコントロールされる」なんて辺りから勉強するには良い本です。
後半、経済政策において反対すると必ずバカにされるリカードの比較優位について、「すべての人の利益になる、というのは強者の論理だ。それでは発展途上国は労働集約的モノカルチャーだけになって、永遠に発展できないことになる。比較優位を覆すことが発展と言ってよい」と鋭い突っ込みが欄外にあるとこなんて悪くないです。

ドルが米国からOPECに流れ、それが第三世界に融資され複利効果で返済不能に陥ったユーロダラーの顛末を語った箇所も、QE3との兼ね合いを考えるには悪くない。
簡単に読める本なので一読しても損はないかも。
ちなみに以下の英文はアマゾンにあった紹介文。
紹介文まで分かりやすいので載せておきます。
The Instant Economist" will give you the basic information every manager needs to survive the economic challenges of modern business. You'll find more theory in few pages than you
would have thought possible - interest rates and inflation, opportunity costs and the cost of living, prices and profits, debts and deficits - all the confusing and crucial ideas you never quite learned, summarized in easy-to-understand, impossible-to-forget images and phrases
This amazing little book is an amusing dialogue between a young MBA and an old Professor of Economics. Like most of us, this young manager-to-be has taken courses and slogged through the formulas of basic economics; but he still doesn't have the first idea of what economics really means. As we listen, the Professor explains the real points of macro, micro, and international economics concepts without graphs or jargon or math or anything but common sense.

Let's face it: everbody talks about economics, but hardly anyone really understands it. "The Instant Economist" is easy but essential reading for every modern mangager


スポンサーサイト

Theme : 本の紹介
Genre : 学問・文化・芸術

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。