スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスターMOVIE輝きの向こう側へ!@また行くよ

2014-01-26 | 20:28

映画化の発表を、本当に嬉しく聞いた作品だったのですが、まどかマギカという怪物作品の後だとさすがにちょっと期待という点ではおよばない。
初日の土曜も一日働いた後だと疲れているし、外は寒いしで、夜に行くのがおっくうだったのですが、前売りも二枚買ってあったので、なんとかかんとか重い身体を寒空の中に引きずりだしました。

時間前にシネコンに着いてまずは物販ですが、嵐の後のように空っから。
ま、いらえねよ、と強がって近場のラーメン屋で夕食。
ビールを飲んだらイイ気分になって疲れも癒えて、やっと期待も高まったのですが、思えばこのビールは余計でした。
この後、観ている間、トイレに行きたくって行きたくってね。
映画の前はビール禁止。
なんか前にも似たような事書いたよう気がするんですが、ニワトリと同じで三歩歩くと忘れる特技があって中々改善されません。

で、映画ですが、始まるともう絵が衝撃的に美しい。
そもそもアイドルマスターの一番の魅力は絵、だよね。
ストーリーもキャラクターもイイけど、なんと言っても品格と可愛らしさ、Coolな都会的な美しさを兼ね備えた絵が凄いのだ。
この劇場版でもアニメならではの夢のような感覚と、今回新たに与えられたそこはかとないリアリティの配合が絶妙で、
展開される大画面には、ただ見惚れるのみ。
この作品はBD買いますが、映画館にも通おう、と決意する処です。
ま、しばらくは土曜の夜しか行けないんで、何回行けるかは分からないんだけどね。

内容は、しょっぱなの劇中劇がまず魅せてくれて、序盤の夏合宿に繋がるんだけど、心地よい夢のようでこのままずっと観ていたいと思える出来でした。
中盤はシリアス展開なんですが、あえて苦言を呈すれば、ちょっと長すぎた。
ここでリソースを使い過ぎなければ終盤、素晴らしいコンサートの部分をもっと長く出来たのではないか?
緞帳が開く前とか、あまりにクオリティの高さに、ここからエヴァンゲリオンが出て来てもおかしくないな、と思える出来で、ここまでやられると、本格的な二次元アイドルが出現するのも近いような気がする。
でも1曲で終わりってのは短いよ。
このまま一ライブやってくれないかなあ。
アイドルマスターのライブだけの映画1本造っても良い気がする。
その位コンサートのシーンは見ごたえがあった。

ps
入場者特典の複製原画&セル風クリアファイルは期待を遥に上回る美しさで、ああ、暇だったら通ってみんな集めたいよ、という出来ですね。
でもここの処、休日も用事があるんだよねえ。
スポンサーサイト

Theme : アイドルマスター
Genre : アニメ・コミック

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。