スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術館の帝王@バロックとは何か? 私にとってはカラバッジョから始まりベルニーニを生んだ美術ですね。

2014-03-12 | 22:58

美術史の極めて自分勝手な解釈を書き連ねる記事です。
私はこの分野、正式な教育を受けている訳でないので、本気にしないように。

バロックは何者か?
曰く、17世紀の美術である、です。
そしてその淵源、ビック・バンの源にいるのはミケランジェロ・メリージ・ダ・カラバッジョということになります。

イタリアで咲き誇ったルネッサンス美術は最後にカラバッジョを生み出し、その明暗の強調、劇的な構図は全欧州に伝播してバロックは花開いた!
衝撃は飛び火して、フランドルにルーベンスを生み、スペイン王室にはベラスケスを生み、ネーデルランドにレンブラント・ファン・レインを生んだ、です。
でも最大の収穫は、全欧州に伝播した衝撃波が戻って来た先、ローマで生まれたジャン・ロレンツォ・ベルリーニでしょう。

数字で理解しようシリーズで言うと、
カラバッジョの「ホロフェルネスの首を切るユディト@1599年」から、ベルリーニの聖女テレジアの法悦1652年が生まれた訳です。
他で抑えておく数字は、この時代の最大の傑作ベラスケスの「ラス・メニーナス@1656年、ピカソ模写」、「教皇イノケンティウス10世@1650年、フランシス・ベーコンが繰り返しモティーフ」辺り。
ちなみにローマの帝王ベルリーニを嫌ったのが、モデルの教皇イノケンティウス10世。

スペイン@カトリックと独立戦争(80年戦争)を戦ったプロテスタント@オランダですが、カルヴァン派故、教会から礼拝像、祭壇画が廃され、いわゆるオランダ風景画、勃興する市民の肖像画が生まれました。
それがレンブラントの「夜警@1642年」であり、フェルメールの「真珠の首飾りの少女@1665年」「デルフトの眺望@1661年」ですね。

この後の後進国フランスを導いた野望の人の話とか、クロード・ロランはイタリアの古代遺跡ばっかり描いていたけど、何人だ?とかいったんは闇に消えたが、光の中に見いだされたジョルジュ・ド・ラ・トゥールの話は、明日のココロだあ!

スポンサーサイト

Theme : 絵画・美術
Genre : 学問・文化・芸術

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。