スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名人戦第一局@2014年、死闘!激闘!羽生三冠はソフト連勝に怒っているのか

2014-04-10 | 20:59

電王戦で再着火している私の将棋熱。
久々に名人戦の棋譜を見たのですが、二度三度では消化しきれないほどの壮絶な死闘でした。
いや、ホントに高度な人間同士の将棋は熱いわ。
感動しました。

互いに飛車先の歩を突きあう出だしは、森内名人竜王の棒銀模様を羽生三冠が強引に飛車角交換に持って行く展開で一気にヒートアップ!
羽生三冠の攻めて攻めて攻めぬく攻撃を、森内名人竜王が鉄壁の受けで応酬に次ぐ応酬!
四段に角が二つならんじゃったり、5五に金が打たれたり、まさに血みどろの決戦が延々と続き、115手目には大駒四枚がモリウーティに渡るも羽生三冠は持ち駒に金銀四枚とか、どうなってんじゃこの展開!
こんな勝負あんのか?
責任者出てこいというか、羽生の守りって王様一人の中住まいで、モリウーティに王手銀取り掛けられたりでも攻める攻める羽生攻める。
それを守る守る守らせたら金城鉄壁のモリウーティ
136手目の4七銀打ちを飛車で当たり前みたいに取られた時は、羽生の持ち駒は金一枚に歩一枚。
攻めの拠点は5七の成銀一枚になった時は、ああ、やっぱり羽生さん無理攻め。またしても切れたかと思いましたね。
なんか往年の升田vs大山戦ってこんな感じだったでしょうかね。
その攻めを素人目には一見筋悪に見える2九飛車打ちから香車取って繋げるんだもんなあ。
もう最後は、というかしょせん延々ついけてないのは分かってんだけど、投了図にはただ茫然としました。

いやー、オモシロイ将棋だった。
これ位の将棋を指してくれれば将棋熱は冷めないよ。

ps
なんでこれほどの熱戦になったか、というに羽生三冠は二日制の帝王!森内名人竜王をソフトに見立てて乱戦を挑んだのではないか?
羽生三冠は人間側のプロとして黙っているけど、電王戦で負けが込むことに静かに怒っているのではないのか?
今のスーパーサイヤ人みたいな羽生三冠ならクラスタボナンザにも勝てるかも、という幻想を与えてくれる出来で、素晴らしい。
もう何回か棋譜を並べてみます。
この棋譜は何度でも味わう価値があるよ。
ていうか何度も見ないと良く分からん。
ま、ホントのとこは何度見ても分からんのだけれど、熱気だけは伝わってくる。
将棋ってこんなにオモシロかったっけ?
ともかくこの二人はスゲエってことで。
スポンサーサイト

Theme : 将棋
Genre : 趣味・実用

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。