スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガルシア・マルケス死すともマジック・リアリズムは死せず@まどかマギカで花開く

2014-04-19 | 20:28

偉大な小説家であったガルシア・マルケス氏が死去しました。
個人的に20世紀最高の小説は何か?と問われたら彼の「百年の孤独」は有力な候補です。
いわゆる文学!ですが、本物中の本物なので、臆せず読んでみましょう。
相当オモシロイよ。
今の若い人はこういうの読まないだろうと長女に言った処、おもむろにカバンをゴソゴソかき回したと思ったら、「百年の孤独」を出して来た時は、おお、我が娘にも文化は引き継がれた、感動しました。

ただ読むのなら「わが悲しき娼婦たちの思い出」だけはよした方がイイ。
晩年で筆力が落ちてすっかりmagicが抜けているんだよね。

南米の、およそ暴虐とも言える生命力に触発されたであろうmagic realismですが、彼の死以降、南米文学も精彩を欠いているように思います。
バルガス・リョサとか私はそれほど感心出来ないのだ。

それではあの極彩色の幻影を紡ぐ芸術は、今となってはどこで生きているのか?と言えばなんのことはない、魔法少女まどかマギカの中にしっかり生きています。
劇中の魔女の結界を描いてみせた劇団イヌカレーのあの映像。
アレこそ21世紀のmagic realismだよね。
そんな魔法少女まどかマギカの新作劇場版の公式ガイドブックが先日届いたのですが、無邪気な笑顔を見せるまどかのイラストは可愛らしく、「こんな風に一緒に話ができて、もう一度また優しくしてくれて、本当に嬉しい」というほむらのセリフは感動的。
マルケス死すともmagic realismは死せず。
地球の反対側で咲き誇っています。
というわけで、マルケスを読まない人はコッチをどうぞ。
スポンサーサイト

Theme : 魔法少女まどか☆マギカ
Genre : アニメ・コミック

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。