スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬまでにしたい10のこと

2014-05-21 | 21:46

October 23, 2004に他ブログで書いた記事のバックアップです。ご容赦ください。
難病モノは一般に苦手なのだが、この映画は傑作です。

過酷な運命を静かに受け入れる、主演のサラ・ポリーが素晴らしい。
難病でかつ貧いという設定なので、サラ・ポリーは血色の悪い顔色と、微笑むとガミー・スマイル(歯茎が見えちゃう笑顔の事)を目立たせるのだけど、目を奪う魅力に溢れている。
本当の女優というのは、美貌を越えた魅力をもって初めて本物なのだ、と言わんばかりだ。
もちろん、実際はとても綺麗な人なんですけどね。
ゾンビモノとか、この人は追い込まれた役で、光るのかしらん?

脚本も素晴らしく、あざといほどの巧さをもって、リズム良く、過不足無く話しを進めていく。
最も巧みな演出や編集が、自然にしか見えないモノであるなら、
この映画はスレっからしの観客に、巧さを味あわせる作りになっている。
(これは最初から狙ったものではなく、結果的にそうなってしまったのかもしれないけどね)
一歩間違えると、嫌みな作りなのだが、それを越えて心を動かされる。
映画ゆえの都合のイイ展開でも、許せてしまうのだな。

ラストに近いシーンで、
薄いカーテン越しに見える、貧しいリヴィングの光景と、未来の風景が重なりあい、
原題の「My life without me」・・・私のいない、私の人生・・・という言葉が、心に響き、深い余韻と共に映画は終わる。
声高に語られることのなかった絶望への克服が、切なく寂しく胸に迫る映画であった。
完璧な演出と脚本だと思った。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。