スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクスタータイヤ交換、替えた銘柄、ポルシェ・センターの対応、PDKの弱点

2014-05-22 | 20:49

純正のコンチネンタルタイヤのブロックが飛んだのでタイヤを交換という事で、
「何がイイだろう」とサーキットの先輩に聞いた処、「ディレッツアがイインじゃないの」というお返事。
ディレッツアって何?
スポーツタイヤと言えばポテンザじゃないの?と思ったらポテンザもブロックが飛ぶそうです。
そうなの?
かつて私はポテンザのグリップに驚かされたことがあったので、釈然としなかったのですが、私のコッチ関係の知識が浦島太郎状態なのは確かなのでご進言に従うことにしてディレッツアのサイズを調べたら前輪の235/40の18インチはあるものも後輪の265/40,18インチがない・・・
サイズ違いで外径だけ近いモノとも考えたのですが、メーターも狂うだろうしってことで後輪はアドバンネオバの265/40とブランド違いで履きかえることにしました。
さっそく地元のタイヤ屋さんに電話ですが、取り寄せになります、という事。
それは良しとしてもポルシェだと言ったら、ウチはポルシェやってないんですってお答えで、仕方ない。ネット
でアリーズというお店と見つけてポルシェ・センターに直送してもらうことにする。

届いた後、交換に行ったのですが、なんと掛かる時間が3時間!ということで、時間貧乏な私は3時間分の書類仕事を持ち込みポルシェ・センターでお仕事。
まあ3時間と言ってもサバ読んでいるんだろう。
実際は1時間半位じゃね、タイヤ替えるだけだしと思ったらホントに3時間掛かりました。
交換料は14500円だったかな。
最初は34500円と聞き違っていて、14500円なら作業に3時間も掛かることを考えたら安いなと思っていたら、街の交換屋なら4本で2000円。時間も1時間だよと指摘されて、確かに俺は世間知らずだよ。
ちなにみにタイヤ代は125000円でした。
コッチは純正のコンチネンタルよりだいぶ安い。

やっとこと替えて走り出してスポーツプラスのスイッチを入れて信号ダッシュを試みるんですが、まずは最初のバタつきはなくなった。
コンチネンタルだと静止からただのフル加速でもタイヤが暴れていたんだよね。
そこはさすがになくなった。
でも1速から2速チェンジでギアが鳴るようになった!
なつかしや360スパイダーと同じ症状。
やっぱり全開加速の1速2速チェンジは機械にとっては鬼門なのか?
新型のボクスターでは克服されているの?
とうか、ポルシェはこの弱点を隠すためにあえてグリップの悪いコンチネンタルを使っていたとか?
それは邪推と言う物か?
でもいきなりギアを入れるでなく、ただフルに踏み込むだけで暴れる後輪って不味いでしょ。
PDKに関しては他のマナーは完璧です。

スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。