スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014ワールドカップ・ブラジル大会ガイドブックは何を買ったか?

2014-06-11 | 22:52

いよいよワールドカップ・ブラジル大会が始まりますが、私はとりあえず全試合録画!
重要な試合(日本戦)と主要強豪国(ブラジル、アルゼンチン、イタリア、ドイツ、スペイン、ポルトガル、ウルグアイ)辺りの試合はなるべく当日中に観て、残り物は延々、休日のトレーニング中に長期的に消化する、という方針です。

で、書店に行くとワールドカップガイドブックが山のように積まれ始めてますが、1冊は買うことをおススメします。
終わった後でもその本は残るから思い出になるんだよね。

問題はどの本を買うかです。
本来なら全部でも買って延々と読んでいたい。
ワールドカップが始まる前にその直前情報を集めた本を読んでいるというのは幸福の極みなんですが、そんなことばっかりもしていられない。
では何を買うかですが、過去の経験から、評論家の先生たちが延々持論を述べていたり、写真が豪華なモノはあえておススメしない。

事前の予想やら論評やら、終わってみればなんだんったんだよ、という事、多いんだよね。
思いもかけないことが起こるのがワールドカップで、結局、現地に行かない限り試合はテレビの中で起こっているんです。
となると本は予約に便利なようにテレビ欄の充実したモノがヨロシイ。
さらに言うならグループリーグでの勝敗、点数表や決勝トーナメントへの進出チーム、進行状態を書き込める欄のあるモノがヨロシイ、となるので個人的に選んだのがこの本。

スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。