スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錦織選手の「良い通過点だ」という笑顔は、全米制覇で「歓喜の笑顔」に変わるのだろうか?

2014-09-07 | 20:30

錦織選手が全米オープンで快進撃中です。
それでも私が記事にしていなかったのは、正直ちゃんと観ていなかったからです。
昔はテニスの記事、けっこう書いていたんですが、それは試合をちゃんと観ていたから。
なんでちゃんと観られたかというと、フェデラーを応援していたとしても、別に負けてもショックなんてないからです。
勝てば勝ったで、フェデラー凄い!と書けば良いし、負ければ負けたで、ナダルは凄い!と書けば良かった。
ナダルもフェデラーもジョコビッチもみんな素晴らしい選手で、観ていれば楽しい。
その上、誰が勝ってもどうでも良いから好きなだけ観て、記事も書けた。

でも錦織が試合中、辛そうだったり負けてしまったりするのを一球、一球観るのはツライ。
他のトップ選手と比べて明らかに身体は細く、背は小さく、その小柄な体躯を精一杯引き絞ってから放つエアケイは・・・カッコイイんだけど、長時間観ていると故障しないかな、とか色々考えてしまってキツイんです。

今回はquarter finalから録画を観はじめたんですが、普通にバブリンカを圧倒していてビックリ!
特に印象的だったのは勝って準決勝進出が決まっても普通にしていた処。
やり遂げた!という反応ではなく、良い通過点だったという笑顔で、私が観ないうちにこれほど進歩を遂げていたのか、という感慨も無量。

それでもジョコビッチにまで勝つとは思わなかったです。
スミマセン、勉強が足りませんでした。
本日起きて録画を観はじめたんですが、途中、ここには試合結果なんか載ってないだろうというまとめサイトにいきなり載っていて結果知ってしまったのですが驚きました。

ジョコビッチ、強いよ、世界1でっせ。
私はフェデラー信者としてテニス観戦に戻って来たクチなんですが、フェデラー、テニスは美しいけど、バックは弱いよね。
ナダルは炎のような選手で、暴れるドラゴンみたいなストローク打つけど、史上最強と言うにはネットプレーに難がある。
その点、ジョコビッチは強い!という事、およそ穴がないというだけなら史上一位じゃないかな。
サンプラスもバックハンド強くなかったし、マッケンローはストロークは大したことなかったでしょ。
ジョコビッチはその点、弱いとこないでしょ。

そのジョコビッチに真正面から戦って勝った錦織選手・・・
喜んではいたけど、あのジョコビッチに全米のsemifinalで勝ったんだから、あの程度は喜ばないと失礼でしょ。

今晩はどうしようか・・・
みなさんと同じように明日仕事なんだよ・・・
私は仕事へのコンデション、何より大事にするんで、観てらんないけど、どうしよう。

今はただ優勝を願うのみです。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。