スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE IDOLM@STER MOVIE輝きの向こう側へ!「シャニ―フェスタ」Blu-ray同梱版@素晴らしい一作だが、問題を提起したい、それは

2014-10-10 | 21:08

本日昼前、やっと到着したアイドルマスター劇場版のBD
10/8発売のはずなのに2日遅れの到着とは。
たまこと同封って、やっぱり日本の物流は結構、限界なのか、なんてことまで考えさせられました。

受け取ってビックリなのはお買いになったみなさんと同じ。
デカイ!
なんだこれ、本来はBD一枚の商品のはずなのに、ひらすらデカイ。
梱包を解くとDVD二枚にCD一枚。別途包装のDVDも一枚付。
さらにB5サイズのムック本230pにビジュアルコレクション60pが付いていて、その大きさのBOXになっているからとてもDVDとは思えない大きさと重量。

で、昼休みに観はじめたんですが、2時間の映画、当然、最後まで観られるわけもなく、夏合宿の処からすっ飛ばしてライブシーンへ。
登場する場面から、もうエヴァンゲリオンが出て来てもOKというクオリティの映像は、歌が始まると、ステージを飛び回るようなカメラワークが意識され現実のライブでは不可能な技故、その分夢幻的で感動出来ました。
夕食に帰ってから、PC仕事の傍らで今も点いているんですが、文句のない出来ですね。
ただ言いたい。
やっぱりこのままではラブライブに負けるかもしれないということを。
私はアイマス派で、ラブライブはキャラデザインがオールドファッションに感じて一期は放映途中から観なくなっていた。
それから評価が高いので一期はレンタルで、二期は放映分全部観たんですが、今でも録画したDVDはあれど、購入したDVDはない。
でも観るとストーリーに流れがあって実にオモシロイのだ。

劇場版だからとストーリーに少し力みがあったのだろうか?
もうアイマスに「誰かが落伍しそうになる」→みんなで助ける(主に春香が)というパターンの話はいらない。
美希が竜宮小町でそうなったし、千早も春香もなった。
その中で、圧倒的に感動したのは千早回の「約束」だったが、あの回は何故にあれほど心動かされたのか、といえば、あの歌があったからだろう。
千早が歌えない。
止めて下さいと叫ぶ律子さん。
それを観て思わず駆け出す春香・・・
みんなが駆けつけ歌い出す。
ついに爆発的に声をだす千早!
今思い出しても泣ける展開だったが、この力はあの歌があったからだ。

私は暗い展開、重い展開、嫌いではないが、この映画の後輩助けの展開はちょっと力点の置き方に問題あり、としか思えなかった。

もっと肩の力を抜いて、アニメ版の未放送分に入っていたようなギャグ展開。
放映分のやよい回みたいな感動展開でもよかったし、伊織回みたいなミステリー路線(笑)とか、あずさ回みたいなコメディ路線でも良かったんじゃないだろうか。

ま、それでも見所満載だし、この限定版、商品として圧倒的なボリュームとクオリティなのは確かなので8500円は安いよ。

全部観るのにどれくらいかかることやら。
たまこラブストーリーも来ちゃったからね。
だから2日前に送ってくれていればよかったのに・・・
見切れないよ。

スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。