スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴロフキンはフロイド・メイと究極の矛盾決着をつけよ&ドネアとウォータース戦

2014-10-19 | 20:45

ノニト・ドネアvsニコラス・ウォータース WBAフェザー級統一戦
試合が決まった時から、危険な匂いはしていたのですが、やはりドネアはリゴンドー戦で何か大切な、自らを特別な地位に引き上げる魔法の力を失っていたのかもしれません。
試合はご覧になった通り、最初のスリップ・ダウンの時点でイエローシグナルでしたよね。
確かにあれは当たってないパンチだったけど、相手のパワーに圧倒されていなければ、超一流のボクサーがバランスを失うことなんてありえない。
スリップは後の展開の予言のようなモノでした。

ドネアのパンチは充分に切れていたよう感じたし、当たれば効いてもいたけど、結局、ウォータースの樫の木で直接叩いてくるようような容赦のない堅さと力の前に粉砕された。
今日のドネアは確かにファザー級に通用しなかったけれど、リゴンドー戦の前のドネアだったらどうだったのか?
通用したのではないか?
その力はリゴンドーに奪われたのか、魔法のタイム・リミットが来ていたのか?
今となっては知るよしもないですが、試合終了後に感じたのは、ただボクシングは非情であり、残酷なスポーツだと言うことです。
今後はウォータースのファザー級での活躍とドネアのスーパー・バンタムでの復活を期待しておきましょう。


ゲンナディ・ゴロフキンvsマルコ・アントニオ・ルビオ WBAミドル級TM
前の試合で、殴り合いは体格である体力であるという実も蓋もない結論が出たような気がして、なんとなく気落ちしていたのですが、ゴロフキンさんは笑顔のままあっさりそれを覆しました。

過去51KOを誇るルビオは、計量もオーバーしている上、骨格もゴルフキンより二階級位デカイ。
それでも1R早々あのゴロフキンと試合になると必ず相手がする表情(パンチの威力へのビックリ顔)をさせられる。
で、2Rで豪快に倒される。
試合前にはゴロフキン自身が、今回は判定まで考えてるよ、って言っていたのにあっさり12連続KO防衛、史上3位の記録を伸ばした。

ゴロフキン、これからコット戦やアルバレス戦の可能性があるようですが、この調子だと簡単に勝てるような気しかしない。
やっぱり最後はフロイド・メイウェザーと究極の矛盾対決。
最強の攻撃力(矛)と最強のディフェンス力(盾)、激突したらどうなるか?
今やこれこそファンの望む究極の戦いでしょう。
みなさん、どちらが勝つと思います(笑
オレは・・・・分かんないや。
ゴロフキンにメイは吹っ飛ばされる?
いやいや、あのメイだよ。
延々空振り12R凌ぐかも?
じゃ絶対、メイは逃げ切れる?
いやいやみんなが驚くゴロさんのパンチ、一発当たれば時空間の支配者の動きも止まるかも
だから本気で分からない・・・
それでもゴロフキンとメイウェザーの二人は、互いにこの相手以外だと負ける気がしないのは確か。

どうしてもどっちかに100万円掛けろと言われたら、ゴロフキンに掛ける。
メイの対戦相手に掛ける始めての気持ちになるね。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。