スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂口安吾 堕落論&桜の森の満開の下@戦後の日本の応援歌&究極のホラー短編

2014-11-19 | 22:12

上記二つを読了。
まずは堕落論ですが、題名からして物々しく、文章も、「堕ちよ、堕ちよ、生きながら堕ちよ」なんてあるんで、どんなおぞましい堕落や退廃の世界が書いてあるのだろうと身構えるかもしれませんが、なんのこはない、要するに世の中生きてナンボなんだから、あまり堅苦しく考えずに生きて行きなさいという、堕落論というより、人生の応援歌みたいな本です(笑
というのには事情があって、この本は戦後焼野原の中で書かれた本なんですね。そしてそこに残された日本人は、大きな虚脱感に捕らわれていた。
だから坂口安吾は、崩れ去った戦中の道徳観に縛られ過ぎていることはないと、この本でさとしたわけです。
当時の世間体だと、戦死した夫に先立たれた奥さんは、生涯面影を抱いて残りの人生を生きるべきである。
戦友は南方で露と消えたのに、生きて戻った男たちが、戦後は金儲けに走るなんて許されることではない、なんてことは考えるな、と。
堕落と言われようが、なんと言われようが逞しく生きろ!
それが結論となっていますなんて決めつけると、やっぱり無頼安吾の名が泣くような気もするので、こんな感想文なんか脇に置いて青空文庫で無料で読めますから、どうぞご一読を。
短いし、文章は練達の極致だし、読む価値はあるでしょう。

桜の森の満開の下
これも著名な短編で、山の中の桜の森が満開になると、その下にいることが怖くてたまらなくなる山賊と、かどわかされた一人の女の話です。
妖気漂う幻想的な、とてつもないホラー短編の大傑作です。

ホラーが好きです、というと人によっては悪趣味と思われます。
単なる刺激の強さに商業的な価値を見出され、美意識とは無縁のスプラッター映画がはびこった悪い影響のせいなのですが、古来より美は恐怖と深く結びつたモノでした。
本当に力を秘めた美は、人を異境に連れだします。
美とは今の時代にも力を失ってない唯一の魔術だからです。
美という魔術は、理外の理によって我々を束縛し支配する。
理に寄って生きているはずの我々の正気を失わせる力が美には宿っており、日常生活では覗くことのない深遠が垣間見えるから、それは恐れられるのです。

たとえば19世紀末の大詩人、ライナー・マリア・リルケはこう歌っています。
「何故ならば、美は私たちの耐えられる限りでの
恐ろしいものの始まりにほかならない」

残虐非道、無敵の強さを誇る山賊は、桜の森の満開の下を何故にこれほど恐れたのか?
女の問いに山賊はこう答えます。
「花の下には涯がないからだよ」
そう、無限という属性は未だ人の理解を超えて狂気に誘います。
数学者なら涯のない概念を研究することの危険を知悉している。
「無限の光の輝かしさに魅了され、その解明に挑もうとする知性は後を絶たないが、神の炎で羽を焼かれて落とされるのだ」なんて言葉もあります。

放蕩者だった坂口安吾がカントールやら連続体仮説やらを知っていたとは思えませんから、この辺の文学的直観、スゴイですね。
あ、実際の作品は数学とは無縁の幻想怪奇譚なんで気軽にご一読を。
これまた青空文庫で無料で読めます。

少し前まで、Sキングを中心にモダンホラーのブームがあり、日本からも優れた作家、作品が多数出版されましたが、なんのことはない、戦後間もなく、坂口安吾がこの作品を書いていた、というのは驚きです。
この作品を超えるホラー短編って洋の東西を問わず、何かありましたかね?

スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。