スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商品先物を始めました:3 商品先物取引会社へのアドバイス

2006-11-25 | 21:31

これからの時代、日経平均先物や為替などの経験は長くても、商品先物は始めてという人が増えると思います。

私が取引を始めるさい最初に知りたかったのは、まずこの買いは、結局幾らの元本なの、ってことです。
灯油を1枚買う、ってことは丸代金なら幾ら買ったことなのか?
白金なら幾らなのか?
これで最大のリスクが分かりますよね。
これを把握したかったのですが、すぐに分かるように書いてないので不満でした。
日経先物や為替は、1枚の倍率がみな同じなので、注文する瞬間にはっきりしているのですが、商品は種別により倍率が違うのです。

まずこれを明記して欲しい。
馴れれば問題ないのでしょうが、初心者を取り込みたかったら気を使うべきです。
私はイチイチ調べるのが面倒でした。

先物取引の世界で生き残るのに1番大切なのが、今自分が何をやっているかを忘れないことです。
知らない人にはバカみたいに読めるかもしれませんが、取引は恐怖と欲望のゲームなので自分を見失いやすいのです。
私の場合その基点になるのは、結局マル代金で幾らなの勝負なの?です。

要は天才以外は低レバでやったほうが無難だよってことなんですが、どの程度の低レバなのかを、毎日ノートに付けていく。
これで大儲けは出来なくても破綻はしません。
これが格段の才のない者がマーケットで生き残るたった一つの方法です。

なのでつくづく思うのは、証拠金が少なすぎるってことです。
取引所で決めたことなのでしょうが、レバレッジで20倍以上が当たり前ってのは異常です。

預かり合計の半分ならイイかな、ってなんとなく開始するとレバレッジで10倍でしょう。
私なら速攻で破産ですね。
長期というか中期でも天才以外はみんなやられると思います。

ちなみに私は証拠金率の1/10しか使ってません。
マル代金でもレバレッジは1.4倍です。
こんな程度で先物とは大げさといわれそうですが、このやり方で生きてきました。
追加投入は今の10倍以上でも可能ですが、いろいろ勉強し経験をつむまでこれ以上は増やしません。
ゆっくりとでもたゆまず勉強し、経験したことをノートに取り、長期で成功できることを目指します。


良い点としては、商品に関するウェッブセミナーは良いですね。
こういう分野を充実させて欲しいです。
基本的な勉強を徹底的にやりやすくする環境を整えることが、何よりの投資家保護ではないでしょうか。


後、何より望むことはセコイ既得権益に汲々とせず、大連にも負けている取引量が増えるように、政治的な努力を必死にするべきです。
大きな金融市場はなにより国富、国力に貢献します。
政治家も官僚ももっとそれを意識して欲しいですね。
これ最大の望みかな。

スポンサーサイト

Theme : 株式投資お役立ち情報
Genre : 株式・投資・マネー

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

先物取引

先物取引に関する情報満載

デリバティブ 有効性

デリバティブ 有効性情報満載

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。