スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイデンティティー

2006-04-25 | 23:13

私は長い間、こういう設定で巧くまとめた話を観たかったのだ。
そんな積年の夢を現実にした傑作! 

豪雨の中で孤立した人間たちが、逃げ込むように寂れたモーテルへと集まってきます。
11人の人間がそろった時、彼らは部屋番号のついた鍵とともに一人、また一人と・・・

これはあのミステリー史上に燦然と輝く傑作、アガサ・クリスティの
「そして誰もいなくなった」へのオマージュであるとともに、それを超えんとした意欲的な作品なのだ。

アメリカの片田舎のモーテルに秘められた謎の深さに瞠目する。
この設定で話しを作ろうと思ったら、1歩、いやほんの1mmでもずれたら奈落の底に落ちる覚悟で作らなければならない。しかしジェームス・マンゴールドは見事に渡りきった。

俳優も女優も力量と魅力のある配役で充分に魅せる。
なんでこんな傑作が人知れず埋もれているのだろうなぁ。
世間の不条理を感じるよ。
どうでもいい作品でもスターが出てたり、時流に乗っているってだけで優遇されたりするのにな。

でも一つだけ思うことは、この作品を作ったスタッフ全員の満足感だ。
彼らは物語りを紡ごうとするあらゆる人間が、1度は野心を抱く設定をやり遂げたという興奮と満足感の中で仕事をしたはずだ
賞に無縁であり、大したヒットもしなかったのかもしれないが、
ミステリー、ホラーオタクの心には残ったぜ。それが何よりの勲章だと思っているかもしれない。

ああ、この作品のどこがスゴイか書きたい。
語りの巧さを書きたいけど、少しでも書くとそれがネタばれになるのが怖い。
それくらいギリギリの処を突っ走った作品です。
薀蓄を語りたい。
特に・・・について。
でも書かない。
一人の映画ファンとして、この記事を読んでしまった同じ映画好きの人の興を削ぐのが怖いから。

書かないことが、この作品への最大の敬意だと思ってください
スポンサーサイト

Theme : ホラー
Genre : 映画

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。